この絵は思い出深いものがありますねぇ…。もともと表紙絵として描いたものではなく、とにかく、ちょっとやさぐれた退廃的な兄上が描きたくて出来あがったものでして。啓介がやってると普通過ぎてどってことないのに(啓介ごめん!)兄が煙草吸って酒飲んだりしてると、何だかドキドキしませんか…?…って、それは腐った水上だけか!?
で、うちのギャラリーを飾っていたのですが、なんと貪食細胞さまに見初めていただき表紙に使っていただけることに!この時に驚いたことは、この絵につけた「Night Hunter」というタイトルに込めた意味を林さまが的確に読みとってらしたことです。当時、わたくしはまだ拓受けに籍をおいていましたから、この絵を見た方はタイトルを見て「攻め兄」と思われたかと思いますが、実は正反対。夜になると男を漁る狩人…つまり受け中の受け…のつもりでつけたのです(爆)「夜の蝶」みたいなものですね…あははは…。林さまのお話の兄の美しいことといったら、読んでて失血死しそうになること請け合いです!!


〔BACK〕