「ピンク★ピンク★ライン」来日レポ
ジェイソン花束抱える
ジェニーの次は、なんとナントな〜んと、ブランドン役のジェイソン・プリーストリーが、今秋公開の映画「ピンク・ピンク・ライン」のPRのため初来日。出演・監督をしているマイケル・イルピーノ&ジョー・ディートルの両氏は21日に、ジェイソンは22日に到着し、記者会見・舞台挨拶を行いました。当初、舞台挨拶は8日の予定でしたが、ジェイソンの次回作「The Fourth Angel」の撮影スケジュールの都合で急きょ変更。

「ピンク・ピンク・ライン」は、アメリカのブラックコメディ。ナゾの死刑囚チャンシー・レッドベターを救うべく、ロイスとその仲間達が彼の無罪を主張するドキュメンタリー映画を撮影する……というストーリーです。このチャンシー、<黄色い髪> <メイク> <ピンクのマフラー> <妙なダンス>が特徴、どうみても殺っただろ?って感じで怪しさ超爆裂。ジェイソンは「ドキュメンタリー中のチャンシー役」を演じています。どんな姿で登場するかはお楽しみ。

ドキュメンタリーには、チャンシーがいかに良い人物であるか……を証言する人々が登場。先日ブラピ君と結婚したジェニファー・アニストンや、彼女とドラマ「フレンズ」で共演中のデビッド・シュワイマー、映画「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズとその妻、ジェイソンの元恋人クリスティーン・エリス...etc。映画やTVのパロディもあって、この辺は知識があるとさらに楽しめます。

10/7よりシネセゾン渋谷にて
<日本語公式ホームページ>


舞台挨拶(2000.8.22)
うりゃ〜〜〜今日のために徹夜した苦労なんてどっかへ吹っ飛び、「よっしゃ〜ジェイソンを間近に見るゾ」と意気込んでましたが、前夜に急きょ代理取材を請負い、今日は "1日なんちゃってプレス" に変身。

ジョー監督 舞台挨拶はキャパのある別系列の映画館(お隣)に急きょ場所を移して行われました。立ち見も含めて400名弱?。カメラ以外での撮影・録音、約束が破られた場合は即刻イベントを中止します!という注意があり、みんなの緊張が頂点に達したその瞬間、扉が開いて両監督の後ろからジェイソンが入場。歓声というか悲鳴というかお叫びというか、とにかく物凄いキーーーーーーーーーンとした音が耳を貫きました。失神した人が出てもおかしくないくらい、それはそれは興奮状態の会場。ジェイソンは手を振りながら舞台に上がり、順番に自己紹介。90210のイベントではない.....わかっちゃいるけど、やっぱり目当てはジェイソン(当然だよね)。両監督も心得ていて、ジェイソンが見えなくなるよう隠していぢわる(もちろんジョーク)。ディートル監督が、ジェイソンに中央へ立つよう声をかけました。

花束贈呈には、90210ファンとして有名なミュージシャン・小宮山雄飛さん(ホフ・ディラン)が駆けつけて、4人ショットのプレス向け撮影タイム。その後、突然の質問コーナーにみんなビックリ。「SideMan」のパンフを持参していた女性を指名するジェイソン。本人は質問するつもりなく、手だってあげてないのにぃぃぃぃと……と焦りまくり。マイクがなかなか到着しないと、ジェイソンは自分のマイクを彼女に渡すため舞台から飛び降りたっ! うぉ〜〜〜私の頭の上にジェイソンがいるゾ。ついでにいい思いが出来た。クンクン。ふわぁ〜っといい香り(笑) 本人によるマイクのデリバリはその後も続き、プレスのカメラを跨いでまで通路へ出ていき、かなり後ろまで飛んで行きました。去年のツアーでもそうでしたが、自らファンの中へ入っていこうとする彼って、サービス精神旺盛のエンターテイナーっ。日本人ファンのハートをキャッチ★

ジェイソン

Q:この映画はとても面白いと聞いていますが見どころは?
A:特にジェイソンが出るところが面白いよ(イ)。
Q:日本の女性と付き合いたいと思いますか?
A:君とだったら付き合ってもいいヨ(ハート)
Q:ケリーとバレリーどちらが好き?
A:ドラマ上ではケリーだけど、心の中ではバレリーの魅力に取りつかれていたに違いない
Q:映画の監督をする予定は?
A:実はドキュメンタリー映画「ベア・ネイキッド・イン・USA」のプレミアショーがNYであります。来年あたり日本でも公開できたらいいナ。
3週間ほど家を空けているため、愛犬 "SWIFTY" とも離れ離れ。そのSWIFTYとジェイソンが掲載されたUS Mag.の写真を内輪にしていたファンを見つけると、寂しいからもらっとくと言ってキープ(笑) 別れの挨拶をして退場……あっという間の15分でした。

休憩の後、映画がスタート。開始時間が遅かったため、遠方から来ている方はみなさんその日のうちに帰らねばってことで帰られました。その頃、出てくるジェイソンを一目見ようと、チケットが買えなかったファンが建物近辺に殺到していたとか。聞くところによると、警察も出動する騒ぎとなっていたそうです。 そんなこともあって、翌日にはジェイソンからの「街やホテル、空港での出迎えはしないでください。」というお願い伝言がっ。うぉ〜!




チャンシー人形持参の監督
ジムパパに似てない?
記者会見(2000.8.22)
舞台挨拶が行われる数時間まえ、記者会見が都内で行われました。スターバックスに行ったジェイソンがファンに囲まれてしまったということで、予定時刻より10分遅れて開始。3人は登場するやいなや、誰か止めてあげて〜!というほど飛ばしまくり、会場内のプレスも拍手&爆笑の渦。それが彼らを喜ばせる結果となり、先が思いやられるゾってな会見がスタートしました。もちろん、冗談ではなく真面目な部分もきちんとありましたが。

通訳の方もご苦労様な様子。ジェイソンに「いっぱい喋ったのに日本語にすると短かいね....全部ちゃんと言ってる?」と突っ込まれたり、イルピーノ監督がチャンシーの真似をした時には、通訳の方もちゃんと真似たのを見て褒めたり(映画中でチャンシーが「ツッ」ってやるやつ)。落ち着いたかと思うと、また何かやらかそうとするイルピーノ監督。負けずに席を立ってアピールするディートル監督。「っかっかっかぁ〜」と笑いだすジェイソンは、なぜかビールネタばかり(^-^;;

彼は昨年末、帰宅途中に愛車のポルシェで柱に激突。コーンも吹っ飛ばし、同乗者である友人に怪我を負わせてしまいました。飛び出した鹿をよけようとした……とのことでしたが、カリフォルニア州で定められている許容以上のアルコール反応が出たことから、飲酒運転で逮捕。今年3月に有罪判決が下り、「5日間の禁固刑、3年間の保護観察、麻薬またはアルコール治療プログラム、社会奉仕」が課せられました。2月から主演していたロンドンでの舞台「SideMan」が6月に終了して一旦LAの刑務所へ。その後、故郷のカナダへ戻りました。ちなみに、海外ロケへ行く途中のルークがロンドンに立ち寄り、彼の舞台を観ていったそうです。90210ファンとしてはそういう小ネタがとても嬉しい。

こんなことがあったため、始終ビールビールビールを連呼していた彼を見て、「ビール飲みたいの?」「やっぱりあれ以来禁酒?」「だからチョット痩せた?」と考えつつ、イヤっそこは触れてはならぬ領域……と思っていたら、ジェイソン自ら「アル中のジェイソン・プリーストリーです(笑)」と改めてご挨拶。あ〜らら(^-^;;
そうやってジョークを言ってたかと思えば、質問に答えている最中、ホテルの人がエビアンの替えをテーブルに置いて数歩いった時、わざわざトークを中断して「Thank you very much」って後ろから声をかけちゃうのです。小さなことですが、そういう所に気がつく人ってよくありません?


ジェイソンのネックレスと同型
貝のビーズで出来ています。時計はG−SHOCK。

一方的な質問をする記者会見はツマらない!ということで、悪乗り3人組は「皆さんからの質問1つにつき、こちらから1つ質問しますからね」と言い出した。何を聞くのだ?と思ったら、なんじゃいそれは?的な質問を浴びせる。「ポリエステルのパンツをはいてる人は?」の問に誰かがジョークで手をあげると、「どうりでさっきからモソモソしてると思ったよ」と返事。「美味しい寿司屋はどこ?」に私が「浅草」と言ったら、ジェイソンが会場に向かって「浅草だと思う人?」と聞き返し、返事がないと嘘つき呼ばわり(-_-;; だって本当に1件超おいしいところがあるんだもん(-_-;; 仕方ないので、お約束で築地だと訂正(高いわりにはあんまり美味しくないと個人的には思う)。

寿司好き有力情報
ジェイソンがLAでもお寿司を食べてるという証言をキャッチ。
映画にちなんでドキュメンタリー風にお届けします。

「シャリ★シャリ★ライン」
nao(ジェイソンに寿司屋で遭遇した知人を持つ人物)
確か今年の1月くらいに聞いた話しよ。私の友達の姉の旦那がニュージーランド人でね。日本に住んでて英語も日本語もペラペラなんだけど、その彼がLAに行くと必ず立ち寄る寿司屋があるのよ。あなた寿司は好き? あで、旦那は店のマスターと仲が良くて、メニューに載ってないようものも食べさせてくれるワケ。そういうのってチョットうらやましいじゃない? ある日、そうやって食べてたら隣に座っていたアメリカ人のカップルが興味持ったみたいで、その旦那と世間話するようになったらしいんだけど、そのカップルの男の方が、日本から来たって知ると「僕のこと知らない?」って聞いてくるんだって。そりゃもう「YES」っていうまで聞くのか?ってくらいの勢いで、何度も何度もだったらしんだけど、結局は知らないって答えた後、悲しげに自ら「90210に出ているんだ」って明かしたっていうじゃない。それでも誰だか分からないと、かなりショックを受けてたらしいわ。見た目は主役級だったと旦那も言ってたけれど、よくよくその話を友達から聞いてみたら、その男の特徴がジェイソンそっくりじゃないのよ。小柄でブラウンヘア、メイクアップアーティストだという奥さんがいて……ね、今でこそ別れてしまったけど間違いなくジェイソンでしょ? ほら私90210ファンじゃない? もう旦那と代わってあげたかったわよ!

注:内容は↑ですが言い方をかなりイジってます。ご本人の名誉の為にも付け加えておきます(笑)


▲マイカメラを指さして、監督に目線指示をしてくれているところ。

まだまだ何かやり足りなそうな3人。女性の質問者が、両監督に「とても面白い方で…」みたいなことを言った途端、両監督とジェイソンはも〜う大喜びでそろって起立! イルピーノ監督はKISSしに女性の元へ行っちゃう始末。こんな監督だからこそ、あの映画か……と妙に納得するのでした(笑)  記者会見は1時間ほど行われましたが、なんかお腹一杯という感じ。まるで1本コメディ映画を見終わったような、そんな気分でした。


「笑っていいとも!」出演(2000.8.23)
まさかね…が本当に! 翌日、あの3人が「笑っていいとも!」のコーナー”看板男&看板娘 水着スペシャル”のゲスト審査員として登場。ところが、ジェイソンが他の出演者に隠れて見えん。しかも、ひと言も喋ってな〜い(そこの座るの?ってタモさんに聞いた程度)。何やってるか???ながらも、みんなに合わせて拍手したり、時々声をかけてくれる東野さんの方をチラチラみたり。

そんな中、とにかく面白いことがしたい監督2人は、後ろでコソコソ悪巧み中。1番の看板男(ボディービルダー)が登場し、ポージング決めてるところにイルピーノ監督がスススス(^-^*))))))))))))))) 真ん前に立つとお尻を突きだして決めポーズ! おちゃめさん(笑) 出演者からも、「美味しい」「可愛いなぁ」と突っ込まれてご満悦。ジェイソンの笑い声も聞こえます。2番の看板娘がビキニで登場すると、すかさずジェイソンも立ち上がった! よしっ! と思ったら、またまた今度はディートル監督がのっそりのっそり娘の背後へ。ダメダメっと降ろされて引っ込むと、今度はすき間から[1]の札を上げて採点。まだだっつーの。しかも何で1番(笑) 3番の看板男のビキニが結構きわどかったので、タモさんが指寸借(^-^;; これにはジェイソンも大爆笑。「これはないよねぇ?」とジェイソンにふっていました。イルピーノ監督はその男性をお姫さま抱っこしようとしたり、椅子に登って拍手拍手! 結局、ジェイソンは2番の札を上げました。

その後、エンディングに登場。再度、映画の告知が入りましたが、ここでもジェイソンは特に喋らず。まだまだやり足りないディートル監督は、映画の看板を持って叫び、パンチパーマをかけて登場したなすびの髪の毛に触ってリアクションをするイルピーノ監督。ジェイソンも何かやるんだ頑張れって感じでしたが、なにもなかった。昨日の元気はどこへやら? そして、タモさんも90210嫌いはわかるけど、そこは一つ司会者としていろいろ聞いてあげてくれって感じでした。さて、今回はジェニーの時みたく、番組後のお楽しみはあるのでしょか。期待!


新宿を走る★走る
ジェニーの時のパニックを避けるためか、彼らの出演は事前告知が一切なし。放送直前にテロップが出たという友人からの電話もあり、すぐさまアルタへGO! さすがに誰もいませんでしたが、1時近くには人がかなり増えてきたので離脱。車が通る場所で待機。ところが通常とは別ルートから大通りへ。それなら裏口で待っとけばよかった(-_-;; その後、信号待ちに引っ掛かっている車を発見。ジェイソンの乗った車は窓が完全に潰されていたため、結局、行ったくせして見れませんでした(笑)これも運。両監督の乗った車が窓を開けてくれたので、「人数分を焼増ししたから適当に分けて」と前日の写真を数枚わたしました。ディートル監督が自分のコンパクトカメラを客席に渡して、撮ってとお願いしているのを見ていたので。しばらくして信号が青になると、窓の後ろから手を振り振りしながら彼らは去っていきました。


<来日掲載紙などなど>

  • 2000.8.23:ニッカン、トーチュウ
  • 2000.9.2:朝日新聞夕刊(芸能欄)
  • 記事HP:eiga.comのニュース&噂、ONTV JAPANの芸能ニュース

<90210ersからのタレ込み★目撃情報> from BBS(Free)

ジェイソンに会えた!(By じぇいぷり 8月22日(火)13時30分)
今朝成田にお出迎えに行って、ジェイソンに会えました!いまだに興奮覚めやらずってカンジでにやにやです。白のTシャツに白のネックレス、紺(たしか)のキャップにサングラス姿でした。12時間のフライトで疲れているでしょうに、ファンのサインにはちゃんと応じていました。もちろん私ももらえました!しかも、話しかけてくれたんですぅ。去年ツアーで撮ってもらったジェイソン&ルークのスリーショットの小さい写真を差し出したら、一瞬「なんだろう?」って見入ったんですが、すぐに笑顔になって「ここにいたの!」って声をかけてくれましたぁ〜。ほんとにかっこよくて、朝からずっとへらへらしてます。今夜の舞台挨拶も楽しみ!

ジェイソンだ!(By さらだ 8月25日(金)01時35分)
通りすがりのものです。昨日の夜12時ごろ、代官山で彼と食事をしていたらジェイソンらしき人と外国人の3人に、日本の人5人ぐらい(全部で10人ぐらい)でいたのを見ました。なんだかすごく盛り上がってはしゃいでいたけど。。。すごく楽しそうでした。ビバヒルは私も何度か見て好きだったので、ビックリしましたけど、すごく ラッキーな気分です。みなさん仲良しさんで、優しいひとたちでした。ジェイソンには優しく握手してもらいました。。。とても良い思い出になりました。また日本に来てもらいたいです!多分そこにいた日本の人たちはスタッフの人だと思います。優しくしてくださって本当にありがとうございました。

ジェイソンお見送りしました(By じぇいぷり 8月25日(金)09時48分)
このHPで自粛するようにというのは見たのですが。。出発の5時間前にようやくフライトが分かり、会社を早退して成田にダッシュしてしまいました。1時間ぐらい出発が遅れたせいか、チェックインカウンターがかなり混雑していてこれでは来ても分からな〜い。と、思い金属探知器の近くで待機。。。出発の1時間前ぐらいに現れてスタッフと挨拶を交わし中へ入っていきました。が、借りていた携帯を返し忘れて慌ててポケットから取り出して返すというお茶目な光景も。金属探知器を通り過ぎてから透明の仕切りがあるところへ駆け寄り手を振ったら「ん?」ってカンジでジェイソンったら後ろを振り返ってました(笑)その後、私たちに気づいて手を振りながらエスカレーターを降りていってしまいました。ほんと、あっという間に帰ってしまいましたね。ちょっと、私は抜殻です。。。また、ぜひとも日本に来て欲しい!!!!!

<リンク★リンク★レポ>

画像・文章の無断転載を禁じます

BH90210@JAM
www.linkclub.or.jp/~yukazow/90210/