エッセイ
「くまもと甘夏100%ジュース」



 熊本のタウン情報誌、「月刊タウン情報クマモト」(通称タンクマ)に、91年5月から2年間にわたって連載となったエッセイです。
 生まれて初めてのエッセイでしたが、書いていくうちに楽しくなっていったことを思い出します。
 大半の読者が、僕の出身の熊本県人であったため、当時、熊本弁を多用しましたが、今回、少しだけリライトして読みやすくしました。
 それでは、お楽しみ下さい。

第1回「安眠パンツ」

第2回「志賀直哉の哉

第3回「4畳半なにもなし、1万円

第4回「妖怪達の宴」

第5回「生まれて初めて作った味噌汁には
何かが足りなかった」

第6回「重いコンダラ」

第7回「沈魚落雁閉月羞花僕激怒」

第8回「虫」

第9回「親知らず」

第10回「犬が吠えれば桶屋がもうかる」

第11回「五月は何色?」

第12回「青春18キップ」

第13回「グー・チョキ・パー」

第14回「急進左派」

第15回「一誹二笑三惚四風邪」

第16回「寝る子は育つ」

第17回「太平の眠りを覚ますカナシバリ」


第18回目以降は順次掲載

これがタンクマだ!




↑ 熊本の女性はきれいです。




ホームページに戻る