娘が顔を上げた



 地面舐め娘が顔を上げた。
「けっこうかわいい子だなあ」
とあなたは思った。
 彼女はじっとあなたを見つめている。妖術でも使っているのではないかと思えるほど、その瞳には怪しい輝きが浮かんでいた。

1.思わず娘を抱きしめる。あなたは、妖術にすでにかかってしまったのだ。


章の先頭に戻る




















2.妖術だと。そんなものあるわけないでしょ。

















ん?















3.妖術をとこう