視界が、視界が







 ストレス 98.0


 ますます視界が暗くなった。そして、気が遠くなる。字も読めなくなる。
 このまま死ぬんじゃなかろうかなどと考える。
 美香が心配そうな顔であなたを見つめた。
「ねえ、大丈夫?」


1.大丈夫じゃない、もう死ぬ。
2.「どうせ死ぬんなら」とぎゅっと彼女を抱きしめた。





章の先頭へ戻る