うわっ!


 ストレス 80

 あなたはぼんやりと夕焼けを見ていたため、目の前のマンホールのふたが開いていることに気づかなかった。
 目の前にぽっかりと空いた穴。
 そのマンホールは、世にも恐ろしい「サラリーマン魔界」への入口へと繋がっているのであろうか。
 地面に空いたその怪獣の口のような穴は、日常にひそむ悪夢への誘いであり、そこから異様な悪臭となま暖かい濃密な空気が漏れている。
 
 あなたは、
1.落ちまいと必死で穴の縁にしがみつくが、結局落ちる。
2.飛び越える。
3.喜んで飛び込む。


章の先頭に戻る