公開授業

言葉の意味と裏の論理―翻訳ソフトの限界を体験しよう


 最近のコンピュータ技術の進歩はめざましく、英語を日本語に瞬時に変換してくれるソフトも実用化されています。とはいえ、翻訳ソフトの日本語は正直ほめられたものではありません。これはどうしてなのでしょう?言葉が文章になった時にどのように意味が変化するのかを考えると、その理由が少しずつ見えてきます。


 インターネットに繋いで、コンピュータに英作文をやらせる。
 初めは意地悪に―英語にならない日本語がある。
 次はやさしく―コンピュータが仕事をしやすいように工夫してやる。



 

コンピュータに英作文をやらせて論理と語学を考える

 ホームページ検索サイト“Goo”に接続して、和英辞典と翻訳システムを使ってみる。

“Goo”のアドレス: http://www.goo.ne.jp/

“メモ帳”を起動して作業の結果を保存しておこう。

様々な検索サービスの中に辞書や翻訳のシステムもあることを確かめよう。

 あらゆる情報に対してアクセスすることができる環境ならば、英和辞書や和英辞書の機能を利用するということは、ありとあらゆる言語のうちから特定の言語のある単語に対応するそれぞれの単語を、随時条件を定めて“検索する”ということになる。それでは「翻訳」とはどういう作業をすることか?

 翻訳ボックスに「彼は何度目のプロポーズで彼女に結婚してもらえましたか。」と打ち込んで翻訳を実行してみよう。

正しく翻訳できないのは何故か。

コンピュータに正しい翻訳を行わせる工夫。

表現を変えて、コンピュータに翻訳しやすい言い回し、その言語で表現しやすい言い回しに変換してやる。―パラフレーズの試み。

“パラフレーズ”とは論理的に言えばどのような作業なのだろうか?

結論:

 現時点ではコンピュータに正しい翻訳をさせてやるには、あらかじめ正しい翻訳が自分でできていなければならない。

戻る