もう一度確認します。これ以降の行為を行うとアップルからの保証は受けられません。それでも、いいと言う方は次に進んで下さい。

さあ、ここからが本番です。風呂に入って、ビールを飲んで落ち着いてから始めましょう。

4.電源ユニットのカバーの開け方

電源ユニットは、4つのリベットで固定されていますので、ニッパーを使って切り落とします。また、ファン上部にはユニットに糊付けされたクッションがあります。まず、このクッションをカッターを使って糊付け部を剥がします。

これで、電源ユニットのカバーははずれます。電源ソケット側を持ち上げてから後方へ引けばカバーははずれます。

5.電源ユニット基盤のはずし方

基盤はトルクスT10のネジ3本で止まっているのでこれをはずします。

 ┌──────┐
 │ファン ○ │
 │      │
 │      │
 │      │
 │      │ ○がネジ穴
 │○   ○ │
 └──────┘    

次に、ファンのリード線をはずしますコネクターを下に押せば簡単に引き抜けます。

がファン側、黒が手前)

これで、基盤は緩くなるので少しだけ引きます。あまり引くと電源コネクターの線が突っ張られます。          

電源コネクターとサービス電源コネクターのアース線(・白の縞)がナットで近くに止まっています。

これをはずし、コネクターを電源部から抜きます。コネクターは上と下に各2箇所ずつボッチ?で 止まっているのでこれを押しながらコネクターを外側へ押します。

まず、上をはずし下をマイナスドライバー等で押しながら押せばはずれるはずです。電源コネクターとサービス電源コネクターの両方をはずせば簡単に基盤が抜けます。

6.基盤上のC28コンデンサーの交換

交換するC28コンデンサーは25V100μFです。家の近くで40円でした。場所は、電源コネクターの側でC28と書いてありますからわかるでしょう。交換時、コンデンサーにはプラス・マイナスがありますので注意して下さい。

7.逆の手順で組み立てる

組立は比較的簡単ですが、ケーブルが邪魔をしますので注意して下さい。また、基盤はファンの根本でカバー部の金属で挟まれるようになっています。

8.はずしたリベットを付ける

下の器具はリベットを付けるためのものです。



      
それでは、皆様の成功を祈ります。


Copyright (C) 1998 まーくん. All Rights Reserved.            戻る