トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Illustrator plugin「便利な小物たち-1」

トンボDR4
"トンボDR4"は、トンボ"を生成するIllustrator V5.0〜のプラグインフィルタです。IllsutratorでDTPをするには先ずトンボ作成から始めなくてはならない。V5.5のフィルタでもできますが、裁ちの寸法や、線幅を指定できません。このプラグインを使用すると「トンボ作成」のページで書いた事が一瞬で出来てしまう優れものです。井上裕治氏作成のフリーウェアです。qwi03502@niftyserve.or.jp


タイプミキシング
IllustratorV5.0〜のかな漢字混植プラグインフィルタです。Adobe Illustrator上に配置したテキストに含まれているひらがなとカタカナ、漢字、約物、英数文字(欧文)にそれぞれ別の書体を指定して、簡単に書体の組み替えを行うことができます。組み替えの設定はフォントセットとしてタイプミキシングの「フォントセット」ポップアップメニューに登録することができます。フォントワークスコレクションCD-ROMに収録 http://www.fontworks.co.jp/


Qpim
Qpimは、級数 (Q) / ポイント (Point) / インチ (Inch) / ミリ (Millimetre) を換算する為のアプリケーションです。Macがこんなに普及したのにまだまだQ数は生きている。写植、ロットリング時代に生きて来た我々(40代?)は、まだ文字の大きさをQ数で、ケイの太さをミリ単位で表現してしまう。またクライアントとの電話での会話にも「本文12Qに変更」「太さ0.15mm」などと依頼される事がある。そんなとき重宝するのがこのソフトウェアである。山口 敏彦氏作成のフリーウエアです。tosihiko@ac.mbn.or.jp


OverPrintDR1
"OverPrintDR1"は、Illustrator V5.0〜5.5で作成されたファイルのなかでブラックに設定されているオブジェクトのオーバープリント設定をONにするアプケーションです。Illustrator V5.5のフィルタのカラーのブラックオーバープリントと目的は同じですが、"OverPrintDR1"は、アプリケーションなので、Illustratorを起動しなくてもアイコンにドラッグ&ドロップするだけで作業が完了します。ブラックオーバープリント設定をしておけば出力後の文字変更、直しなどスミ版のみのストリップ修正で済み、経済的でもあります。井上裕治氏作成のフリーウェアです。qwi03502@niftyserve.or.jp


dtpdtp
DTP向DeskTopPictureでDTPで作業をしていて用紙サイズ(A0〜A9、B0〜B9)やPointとQ数換算(7Q〜100Q、5pt〜71pt)などが必要なとき、デスクトップに表示されている数字で直ぐに答えが得られる。そんな便利なDeskTopPictureです。Hiroyuki Usami氏作成のフリーソフトです。usami@command-p.com


AIInfo1.0
ドラッグ&ドロップ対応Illustratorファイル情報表示ツールです。Macintosh版Adobe Illustratorファイルが5.0J、5.5J、6.0E、7.0などのどのバージョンで作成されたどのような内容のファイルかを確認する場合などに使用します。宇佐美浩幸氏作成のシェアウェア 1200円。 http://www.command-p.com/HB/


PSInfo1.0
ドラッグ&ドロップ対応Photoshop EPSファイル情報表示ツールです。Macintosh版Adobe Photoshop EPSファイルのカラーモード(CMYK, RGB, グレースケールなど)や保存時のエンコーディング形式(JPEG, ASCII, バイナリー)を確認する場合などに使用します。宇佐美浩幸氏作成のシェアウェア 1000円。 http://www.command-p.com/HB/





Google