トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign1.0E イラストレータから配置


■25日目(3月8日)

●IllustratorからInDesignへのimport
最初にAdobe Illustrator8で4つのファイルを作成する。左からIllustrator8でPDFを作成したもの、2番目がIllustrator8でEPSを作成し、Distillerを使用してPDFを作成。3番目はIllustrator8でEPS保存したもの。右がオリジナルのIllustrator8ファイル。この4つのファイルをInDesignに直接ドラッグ&ドロップでインポートとファイルメニュー/配置コマンドでインポートしました。

先ずIllustrator8で作成した PDFファイルをInDesignにドロップするとドキュメントの大きさでインポートされ、Distillerを使って作成した PDFファイルをInDesignにドロップするとオブジェクトの大きさで配置される。どちらもリンクが成立する。ファイルメニューから配置でも同じ状態となりリンクが成立する。

EPSとAIの場合は、PDFと同じ状態でファイルのドロップやファイルメニューから配置ではリンクの関係となり、InDesignの中では変更や修正はできない。Illustrator8で作成したオブジェクトをInDesignの中で修正・変更する場合はIllustrator8からInDesignにコピー&ペースト。またはIllustrator8からInDesignにドラッグ&ドロップする2つの方法しかない。

図-1
GIFアニメーション



Google