トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign1.0E Preflight機能


■17日目(2月12日)

●InDesignのPreflight機能
HTML書き出しで使用したファイルを再度使用してInDesignの「ファイルメニュー/Preflight…」を実行してみる。下の「図-1」はファイルメニューからPreflight…を選択すると表示されるダイアログボックスがGIFアニメーション(5秒間隔で8スクリーン)になっていますので暫く眺めてください。


図-1
PreflightのGIFアニメーション

 


図-2

Preflightチェックを終了後、InDesignドキュメントを保存しようとすると上の「図-2」のような警告メッセージが表示される。


図-3

「図-2」の警告を無視して「save」をクリックすると、今度は上の「図-3」のアラートボックスが表示される。


図-4

「図-3」のフォントアラートボックスで「OK」をクリックし、最後にPreflightダイアログボックスで「package」をクリックすると指定場所に「図-4」のフォルダが保存される。これはファイルメニューからpackageコマンドを選択しても同様の結果になります。

 
図-5

「図-4」で保存されたフォントフォルダの中は、InDesignドキュメントで使用していた2種類のフォントがコピーされている。同時に「Instructions.txt」というテキストファイルも書き出される。序でに「report」も書き出してみた。



Google