トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign1.0E 書き出し(TXT、Rich Text)


■4日目(1月26日)

Export(InDesignから書き出し)
テキスト内にアイビームポインタを挿入して全てを選択(コマンド+A)する。その後、昨日と同様にExportを実行すると書き出し可能ファイル欄に、Adobe InDesign TaggetとText-onlyとRich Text Formatの3種類が追加されて現れた。

●Adobe InDesign Tagget
 この形式に書き出されたファイルは、再度InDesignにインポートするとフォントやポイント、カラーなど書き出した時のスタイルが反映されされた。

●EPS
 Illustratorで開いたらテキストのみの書き出しとなり、昨日と同様の結果となった。

●HTML
 Netscapeで開いたらテキストのみの書き出しとなり、昨日と同様の結果となった。

●Prepress File
 Illustratorで開いたらテキストのみの書き出しとなり、昨日と同様の結果となった。

●Adobe PDF
 Acrobat 4.0で開いたらテキストのみの書き出しとなり、昨日と同様の結果となった。

●Text-only
 テキストファイルとして書き出され、SimpleText等でも問題なく開けた。

●Rich Text Format
 SimpleTextやJedit等では余分なコードが表示され、使用できない。IllustratorやInDesignなどでは問題なくテキストとして開けた。

昨日のつづき
●Adobe PDF書き出し
 Adobe PDFへの書き出しでフォントの埋め込みを数フォントで試してみた。欧文を日本語フォントで指定した結果、CIDフォントは無条件で埋め込み可能。True typeフォントの場合は埋め込み出来るものと出来ないものがありました。



Google