トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign1.0E 書き出し(HTML、PDF、EPS)


■3日目(1月25日)

Export(InDesignから書き出し)
トライアル版なので保存は出来ませんが、書き出しはファイル中央にInDesignの文字が入るだけで問題無く試すことができました。以下の4つ(Adobe PDF、EPS、HTML、Prepress File)のファイル形式がサポートされてます。

●HTML
「HTMLへの書き出し」はHTMLが1ファイル書き出され、画像などが存在するとフォルダとともに画像の数だけgif画像(jpgも可能)が書き出される。(ImageStylerと同じようなもの)
これは印刷物に使用したデータをwebで再利用する場合に有効だと思います。

●Adobe PDF
「Adobe PDFへの書き出し」はページのままの状態で書き出された。画像は綺麗に表示されるのだが、Illustratorファイルを貼ったものはグラデの途中部分が消えて書き出された。InDesignから書き出されたPDFはPhotoshopでは正常に表示されたがIllustrator8で開いた場合、真っ白な状態で表示された。

●EPS
「EPSへの書き出し」はページ数のEPSファイルが書き出される。画像はエンベッドされているのか、リンク画像は存在しない。Illustratorで開いたらグラデーションはブレンドに変化していた。

●Prepress File
「Prepress Fileの書き出し」は数ページあっても1ファイルしか書き出されなかった。Illustratorで開けたが、最初の1ページのみしか確認できない。



Google