トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign1.0E 画像のインポート


■2日目(1月24日)

テキストと画像のインポート
●エリアタイプ(ボックス)のみでIllustratorのようなポイントタイプは出来ないみたいだ。テキストをアイビームポインタで選択してコピー&ペーストを実行してもボックスでペーストされる。ポイントタイプが出来ないことはIllustratorユーザーにとってはちょっと辛いところがある。

●最初のテキストの取り込み方法は、「fileメニュー/Place」で取り込む。取り込んだ後はリンクが成立する。もう一つの方法は、InDesignのウインドにテキストファイル(アイコン)をドロップすればテキストが取り込め、しかもリンクも成立する。当然リンクなので元のテキストファイルを修正・変更を加えれば、修正された箇所はInDesignのファイルに反映される。

●このウィンドウにドロップする方法は、Illustratorファイルや画像ファイル(殆どのファイル形式)も可能です。(一応試したのが ai、ai-eps 、ps-eps 、eps (jpg)、psd、tiff、dcs、jpg)

ウインドウ内にファイルをドラッグ&ドロップを可能にする機能は、★★★★★です。

●Illustratorでは、配置した画像を選択ツールでダブルクリックするとPhotoshopが起動する。配置画像の修正し、再度イラストレータに戻ると先ほど修正した画像が反映される。InDesignでは選択ツールで画像をダブルクリックしてもPhotoshopは起動しない。Illustratorで作成したEPSファイルをInDesignに配置して、ダブルクリックしてもIllustratorは起動しなかった。但し、LinksパレットのサブメニューのEdit Originalを選べば配置したファイルを作成したアプリケーションは起動する。

●Illustratorからテキストをコピー&ペーストすると、テキスト(欧文type1font)は1行づつバラバラになり再編集はできなくなってしまう。ドラッグ&ドロップでも同じ結果になってしまった。これはエリアタイプでもポイントタイプでも同様の結果で、ポイントタイプでは更に1行の中でも数カ所がバラバラになってしまった。



Google