トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



Adobe InDesign2 テーブル


OpenType フォント「小塚ゴシック」のインストール
ここでにフォントとはOpenType「小塚ゴシック」です。
 



InDesign2.0Jで上図の簡単な表組みを作成


InDesign2.0JからPDFに書き出し


Illustrator10で開いた状態


Illustrator10でアウトライン表示


Acrobat 5.0.5で開いた状態

ステムフォルダ/フォントフォルダにインストールすれば、問題なくIllustrator 10でのフォント埋め込み、「PDFに保存」でもフォント埋め込みが可能です。Illustrator 10ネイティブファイルをAcrobat 4.0/5.0で開いても、埋め込まれたフォントで表示されます。


 
InDesign2からEPSに書き出し


Illustrator10で開いた状態


Illustrator10でアウトライン表示

殆どのアプリケーションで表示されますが、Illustrator 10でのフォントの埋め込み、「PDFに保存」ではフォント埋め込みができません。
※InDesign1.0J・Photoshop 6.0からPDFにデータ書き出しをすると、フォントの埋め込みは可能です。(Illustrator5.5で表示、アウトラインは可能)

 



 InDesign2.0JからSVGに書き出し


Illustrator10で開いた状態


Illustrator10でアウトライン表示

Illustrator 8・9に存在した「必須ファイル」フォルダはIllustrator 10では、ここに移動してます。Adobeの最新アプリケーション(アプリケーションはIllustrator 10・Photoshop 6.0・Adobe Acrobat 5.0など)のみで使用可能。
※Illustrator 10でのフォント埋め込み、PDFに保存したときのフォントの埋め込みはできません。
※InDesign1.0J・Photoshop 6.0からPDFにデータ書き出しをすると、フォントの埋め込みは可能です。(Illustrator5.5で表示されません)



InDesign2.0JからHTMLに書き出し


GoLive5で開いた状態


Internet Explorer 5で開いた状態



Netscape Communicator4.7で開いた状態


GoLive5で作成





ブラウザで開き、PDFWriterでPDFに保存


作成されたFD?x?をIllustrator10で開いたもの


Illustrator10でアウトライン表示


印刷用のデータをWebでも使用することは日常的に行われるようになっている。その逆に、Web上の表組データも印刷物に使用しなくてはならないということも結構経験している。
InDesign2には配置しかできない



 Microsoft Word


Wordで作成した表


InDesign 2.0Jに読み込んだ状態

Illustrator 8・9に存在した「必須ファイル」フォルダはIllustrator 10では、ここに移動してます。Adobeの最新アプリケーション(アプリケーションはIllustrator 10・Photoshop 6.0・Adobe Acrobat 5.0など)のみで使用可能。
※Illustrator 10でのフォント埋め込み、PDFに保存したときのフォントの埋め込みはできません。
※InDesign1.0J・Photoshop 6.0からPDFにデータ書き出しをすると、フォントの埋め込みは可能です。(Illustrator5.5で表示されません)
 




Google