トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



イラストレータ9J GIFアニメ/QuickTime/Frash


Illustrator 9.0からレイヤーを保持し、Photoshop5形式に書き出し。PhotoshopからImageReadyを起動させ、GIFアニメーションを作成したもの。(容量:180KB)
Illustrator 9.0からPhotoshop5.5へのエクスポートは全て完璧に保持されてます。 


今度は上記のファイルをImageReadyからQuickTime形式のムービーファイルに書き出したもの。「style01.mov」(容量:488KB)
何故、QuickTimeに書き出したかというと、それはPDFが扱える動画ファイルだからです。
ブラウザに「PDFViewe」というプラグインがインストールされていれば、quicktime.pdf(容量:98KB)をクリックするとAcrobat Readerが立ち上がる筈です。PDFが表示されたなら「イラスト」という文字をクリックしてください。 


最後はIllustrator 9.0の最大の目玉であるFrash(SWF)形式の書き出し機能。SWF形式は、Illustrator 9.0のレイヤーを全て表示し、「ファイルメニュー/データ書き出し」を選択すれば、下のダイアログボックスが表示するので簡単にSWFに書き出せる。(容量:228KB)
書き出したSWFを見てみると、2ヶ所おかしな部分がある。「丸い縁取り」でグリーンのところが黒になってしまっているのと、「アイスポット」が中央部分しか表示されていない。 





Google