トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



イラストレータ8J PDF元年


PAGE99でのモリサワのアウトラインプロテクトの解除、NewCIDフォントのPDFへの埋め込み可能の発表。このモリサワの決断により、他のフォントベンダーからも次々にCIDフォントがリリースされると思われます。私が調べた情報では以下の予定のようです。

●フォントワークス(Acrobat 4.0J リリース直後)
●大日本スクリーン(99年2月末ごろ)
●イワタエンジニアリング(99年2月末ごろ)
●エヌフォーメディア(タイプバンク書体)99年2月末

このようにCIDフォントが次々にリリースされ、後はアドビからのAcrobat 4.0J のリリースを待つだけです。Acrobat 4.0J がリリースされ、本当の「アクロバットPDF元年」になります。

何故Acrobatにこだわるかと言いますと、インターネットでの校正とインターネットでの入稿を実現したいのです。インターネットを始めた2年前から、時々インターネットを利用して、校正を添付メールで送っていました。しかし、なかなか上手くいかないのが事実です。

その原因は以下の事です。

●クライアント側(その先)の殆どがWindows環境。
●メールの経験はあるが。WWWの経験が少ない。
●Acrobat Reader 3.0J を知らない。(最近は、だいぶ認識された)
●圧縮・解凍の経験が少ない。

(これは、相手がMacを使用しているデザイン関係の会社(事務所)なら、ほとんど問題なく実現できる。しかし、その先のWindows環境のクライアント(会社)に校正を送らなければならない時が問題なのです。営業マンなどのデスクには、PCはあるが圧縮・解凍ソフトはインストールしてない。その為、圧縮して送ると解凍ソフトのダウンロード先、ダウンロード方法、解凍の仕方までサポートしなくてはならなくなる。)そんな理由から今までは、ほとんどIllustrator 5.5Jのファイルをフォント(近い書体に変えて)は、全てアウトライン処理して、PDFにして送っていました。
この方法ですとイメージはそのまま伝わるのですが、ファイルの容量が直ぐに1MBを増えてしまい、インターネットで送るのに時間がかかってしまいます。
Illustrator 5.5JのPDF保存の場合、アウトラインを取らないと縦組みなどはメチャクチャになり、イメージの伝達どころではない。Acrobat Readerで開いてみると、文字がバケてしまう。

しかし、今度のIllustrator 8.0JでPDF保存を何度か試したところ、これが凄いのです。

Illustrator 8.0JのPDF保存
(Illustrator 8.0JからPDF保存したものを再度、Illustrator 8.0Jで開くと)

 

●レイヤーはそのまま生きている。
●テキストもバラバラに切れないで、エリアタイプのまま存在している。
●文字詰めもそのまま生きている。
●グラデーションメッシュは、そのまま維持される(グラデーションはブレンドされる)。
●Illustrator 8.0JでPDF保存すると、アートボードの大きさのPDFが作成される。
●Acrobat Readerで開いてもIllustrator 8.0Jでの保存状態のまま再現される。
●テキストやレイヤーがそのままの状態なので、Illustrator 8.0JでPDF保存されたものは、
 再度Illustrator 8.0Jで開いて修正ができる。

あとはIllustrator が小数点のバージョンアップで、日本語CIDフォントの埋め込みが可能になることを期待します。

そして、Illustrator 9Jでは複数ページのサポートを期待したい。
(それはIllustratorで、ページものを作成したいというのが第一のの理由。次が、Freehandは以前から実現しているのに何故?。そして、最も重要なのが、Illustrator 8.0JでPDFを開く時に、何ページ目を開くかと聞いてきます。1000枚ものレイヤーが使用できるIllustratorで PDFを1ページしか開けない・・・・こんな事はおかしいのです。Illustrator から複数ページのPDFが書き出せて、Acrobat PDFからもIllustratorに、複数ページが読み込める。このほうが自然です。)



Google



 

レヴュー
新機能
インストールと第一印象
保存可能なファイル形式
PDF形式の保存
ドロップと配置
配置とペースト、画像の回転
画像位置実験
自動処理とスマートガイド
トレース用の下絵
便利なPSD形式画像の配置
特色2色をCMYKに変換
見逃されそうなスナップ機能
戸惑うショートカット
ブレンドの疑問
移動ダイアログボックス
2階調TIFF画像の配置
レジストレーションカラー

テキストボックス
PSD形式画像配置の不思議
便利なショートカット
自動処理
文字詰め
2種類のトンボ作成
PDF元年
InDesignについて
配置画像(5.5と8.0の比較)
ネット校正(5.5と8.0の比較)
Acrobat Reader 4.0を使用
フォント検索・置換
スタイライズ/角を丸くする
ブックコレクション-4
プリンタドライバ + Distiller4.0
Cooltypeエンジン
アンカーポイント削除
アンカーポイントの追加と削除
パスの変形・パスの自由変形
オーバープリント選択ツール
スウォッチにトンボを登録
スウォッチパレット
パターンとブラシ
分割・拡張
penType検索
ラスタライズと画像を埋め込み
PSのプラグインをイラレ8で
ドロップシャドウを表現
ぼかしシャドウの表現
パスのオフセット比較
パスのアウトライン比較
テキストの書き出し
2階調TIFF画像の配置について-1
2階調TIFF画像の配置について-2
特色2色をCMYKに変換-1
特色2色をCMYKに変換-2
レジストレーションカラーの不思議