トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



女神との出逢い No.26


 女神様は濃い緑色の箱に鎮座しておられました。
 以前の職場でMacintosh本格導入前、IISiがあるのでちょっと触ってみようか…、という展開だったと思います。バージョンが3.2Jになる寸前くらいでしょうか。そうしてお出ましになられて以来、お付き合いさせていただいてます。
 え〜と、確かこの辺に古〜いデータが…(ごそごそ)。ありました。MO導入前のデータだったらしく、FDに保管してありました。一番古いのモノが…作成日1992年11月14日。ということは、たぶんこの日が初めてデータをセーブした日なのでしょう。現在よりさらに歪んだ図形に、試行錯誤したグラデーション。ただ、下手ながらも自分で触ってみることで、当時既に増えてきていた「ロットリングで引くのは難しい、烏口で引くのとも違うような気がする、微妙に細い線を多用したデザイン」の版をどうやって作るか、おぼろげながらも理解したように感じました。
 そうこうするうちに、女神様はレベルアップして3.2J。業務に本格的に使うようになり、日々の作業の中や、外からの情報でいろんな小技や不具合回避方法を覚えていきました。結局、3.2Jになってから真面目に使いだしたので、以前のバージョンのどこがとっつきにくかったのか?というのを、どうしても思い出せません。う〜ん。自腹切ったのが5.0Jからだったので、そのせいでしょうか。
 未だにメインで使われている5.5J。パスファインダフィルタのおかげで、図形を描く時間が短縮され、地図の道路描きが簡単にできてしまう事に、単純に感動していました。
 文字関係で大騒ぎになった7Jは、あまり使わずに通り過ぎてしまったようです。でも、ブラシツールで描く線…いや面は、このバージョンの方が味があって好みです。パスが異様に増えるのは難点ですけれど。
 8Jは、アクション自体は使いこなせていませんが、深い階層にいるコマンドを一発選択できるようにして、それだけでも相当便利になりました。
 9Jはどうなるんでしょう。楽しみでもあり、懐を考えるともっと先でいいかなとか考えてみたり。どちらにせよ、今でも女神様が居なくてはいろいろと寂しくなるので、がんばって頂きたいところです。いや、もちろん使う側も…。
 というところで、失礼しました〜っ。



Google