トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



女神との出逢い No.24


 それまでコンピュータと名の付く物はファミコンぐらいしか触ったこともなく、また自他共に認める機械音痴の私は、パソコンとの出会い=Macintoshとの出会いであり、同時にIllustratorとの出会いでもありました。


 金もないくせに新しもの好きの、当時勤めていたデザイン事務所の社長が「これからはこれだ」とMacintoshを導入しようとしていた時は、私は反対派の先頭を切っていたほどです(笑)。
 幸か不幸か社長は私の反対を押し切りMacintoshを導入し、しばらくして私もその決断が正しかったことを思い知らされます。
 1mm幅の中に何本線が引けるかとか、コンパスで引いたガイドラインに沿ってキチンと水平垂直を出すとか、写植の膜面をはがして1文字取るツメするとか…etc、今までの苦労は何だったんだろう、というのがIllustratorの第一印象でした。

 私にあてがわれたマシンはLC-II。CPUは68LC020、メモリ10MB、HD100MBという、今考えると、とんでもなくチープなマシンでしたが、その12インチのモニターに映し出されるIllustrator3.2は、なるほど社長が「これからはこれだ」と思いこむのも無理はない、と痛感しました。
 ver3.2ではプレビューモードでの作業ができず、パスファインダーはおろかレイヤーすら無く、貼り込める下絵は大まかな目安程度にしか役に立ちませんでしたが、それでも私にはとても新鮮でした。
 チープなマシンではアートワークからプレビューモードに切り替えると、画面を書き換えるのにかなり時間がかかり、まるでアニメーションを見ているみたいで、それもまた楽しかった記憶があります。
 ですので、はじめてver5.0を目にしたときのショックと言ったら…。
 「こんなに簡単になっちゃったの?」と愕然としましたね。
 この時初めてバージョンアップというものが、いかにすばらしいことなのかと実感しました。
 ただ、あれから7.0、そして8.0へとIllustratorは確実に便利で多機能に変化しているようですが、はたしてあの3.2から5.0への変革ほど大きなものでしょうか?
 よく言われているアプリケーションの「肥大化」の典型的な例のような気もします。
 機械嫌いだった私を、ここまでのめり込ませた張本人の女神様だからこそ、いつまでもワクワクさせるような成長を望んで止みません。
 (もちろんそれはショートカットキーの変更などではなく…)



Google