トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



イラストレータ Streamlineとの連携


IllustratorでDTP(印刷)作業をしていてクライアントからロゴタイプ、シンボルマーク、イラスト、カットなどを支給されることが多い。それを写真扱いでスキャニングして、そのままEPSファイルで貼り込めば終了というような仕事はめったにない。そんなとき威力を発揮して手助けしてくれるのが、女神の親友であるStreamlineなのだ。Streamlineを使用する利点はなんと言ってもIllustratorに持ち込んでから自由に拡大、縮小しても劣化しないし、データが軽い、修正においても色変え等が即座に出来る。ベジェ曲線なので形の修正までもが瞬時に行え、クライアントの立ち会いのもと画面上での打ち合わせにも対応出来る。以上に点からIllustratorで全てDTP(出力)している我々には手放せない存在です。

Streamlineを使用するには、まずスキャニングから始める。取り込みサイズは、使用する原稿の大きさの約10倍(72dpi)以上で、大きければ大きいほど縮小したときの精度は向上する。しかし、それに正比例してアンカーポイントの数も多くなるので、限度の見極めも必要である。

スキャニングが終了したら、それをPhotoshopで開きゴミとり、ケイが細ければトーンカーブで修正する。保存形式はStreamline3.0の場合はpict、Streamline4.0の場合はpictだとエラーが出やすいのでtiff形式の方が良い。普通に使用していて安定性があるのはStreamline3.0である。

Streamlineから書き出されたオブジェクトはクリッピングパスをサポートしてないため、欧文のOの中が透けて見えるようなことはない。それには自分で、Illustratorで開いてからクリッピングパスを編集するか、中マドフィルターで処理しなくてはならない。StreamlineオブジェクトをIllustratorで編集を終了する前にある程度のグループ分けをしておかないとレイアウト作業の時に苦労するので必ず、全体のグループ化くらいは最低でも必要。

以上は線画イラストを想定したStreamlineの使用方法であるが、ロゴタイプならびシンボルマークの場合は少し違ってくる。なぜならば、ロゴタイプやシンボルマークはその企業、その商品の顔であるからである。それならばどうするかと言うとそれはIllustratorでトレースするしかないのである。Illustratorでのトレース作業は確かに大変かもしれない。しかし、そのロゴが2回、3回と使用されるのであれば、Illustratorペンツールの練習だと思い書き起こしても損はしないだろう。慣れてくれば1時間以内でほとんどのものはトレース出来るはず。



Google