トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



イラストレータ 墨抜き3色印刷


印刷物のデザイン制作ににおいてクライアントから2色印刷の依頼は時々あるが、2色では物足りないが4色で印刷するには予算がない。そこで3色印刷の依頼を受ける時が出てくるし、デザイン制作するこちら側としても2色印刷では表現しきれない場合も起こりうる。そんな時、CMYKのK(スミ)抜き3色(CMY)で表現すれば、フルカラーの仕上がりに近い印刷物を作成することができる。先ず最初にスキャン画像を用意する。

 


図1

上の「図1」は元画像でCMYK、RGBのどちらの画像でもかまわない。CMYK画像の場合は以下の手順に従いRGB変換してください。

 


図2

上の「図2」はYMCK画像なら先ずイメージメニュー「モード」でRGBカラーに変換する。それを今度は再びCMYKに変換するわけだが、ただ変換するだけだと当然K版を生成してしまう。そこでPhotoshopのファイルメニューの「カラー設定」サブメニュー「色分解」を選択して色分解ダイアログボックスを表示し、「墨版合成」をなしに設定しOKする。そこでチャンネルパレットを見れば、K版抜きのCMY3色の画像が出来上がっている。

 


図3

上の「図3」は「図2」でできたK抜き3色画像(CMY)をトーンカーブを使用して4色の元画像に近くなるように色調整したもの。
ここで出来上がった画像をIllustratorに配置して、デザイン・レイアウトするわけだが、その時注意することがある。それはIllustrator上でもCMYの3色で制作しなくてはならないので、3色の墨に近い色とK色との見分けがモニタ上では区別出来ない。Illustratorのツールパレットのペンツールや長方形ツールなどは初期設定がK100%になっているので注意が必要。それからIllustrator上で黒い文字を使用する場合は、すべてC100%、M100%、Y100%、Kは0%にする。印刷インクの3色をベタで重ねて印刷することになる。
この墨抜き3色印刷は何回か経験しているが、なかなか4色印刷に引けを取らない印刷物が出来上がる。



Google