トップページ

はじめに

Illustratorの基本
Illustratorとの出逢い
Illustrator8日本語版
Illustrator9日本語版
Illustrator10日本語版
PostScript3
InDesign1.0英語版
Illustratorプラグイン
Photoshop
ニュース
 
2005年
 2004年
 2003年
 2002年
 2001年
 2000年
 1999年
 1998年

落書き

リンク
Macリンク(1998)

dtp



イラストレータの歴史


Adobe Illustrator1.9.5日本語版

1988年

この頃のIllustratorは、トレースするソフトというイメージが強かった。画面表示もビットマップでガタガタだった。でも、曲線が自由に描けるだけで嬉しかった。FD2枚で本体プログラムは、520kだった。

Adobe Illustrator3.2日本語版

1990年

長い間の夢、欧文type1フォントと平成明朝に対してアウトライン化が可能になり、ロゴなどの作成が楽にできるようになった。

Adobe Illustrator5.0英語版

1992年

プレビュー状態で編集が可能になり、それだけで5.0英語版に飛びついた。マニュアルも英語で市販の日本語解説書もない状態。TrueTypeのアウトラインも可能になったが英語版なので和文のアウトラインが不可能。だが半年くらい後にAdobe Dimensions2.0Jがリリース。Dimensions2.0Jでは和文TrueTypeのアウトライン化ができた。

Adobe Illustrator5.0日本語版

1993年

英語版から1年くらい遅れて、ようやく日本語版がリリース。Macintoshシステム付属の日本語TrueTypeフォントのアウトラインも取れるようになった。

Adobe Illustrator5.5英語版

1994年

タブルーラーなどがサポートされ、テキスト関係が強化。Illustrator5.5日本語版の登場が待たれた。

Adobe Illustrator5.5日本語版

1994年

テキストレイアウトの制度が向上し、「字体切り換え」もサポートされ、私自身がIllustratorを使用してのDTP作業に切り換えたのも、このバージョンからです。安定性と信頼性は抜群で、現在でも使用している。

Adobe Illustrator6.0英語版

1996年

パスパターンやインクペン、ラスタライズ機能、Adobe Gallery Effectsが付属し、Illustratorファンを驚かしたが日本語版はリリースされなかった。

Adobe Illustrator7.0日本語版

1997年

スウォッチパレット等やラスター機能が強化されたバージョンアップ。最初はIllustrator7.0日本語版を使用していたが、気が付いた時には、Illustrator5.5日本語版の方を使用していたという不思議なバージョンアップ。

Adobe Illustrator8.0日本語版

1998年

レジストレーションカラーなどサポートされ、DTP関係のユーザーが待ち望んだバージョンアップとなった。

Adobe Illustrator?日本語版

1999〜200?年

複数ページがサポートされ、そのままPDFに書き出せるようになる・・・・ことを願う。



Google



 
 はじめに
 リンクフリー
 
Adobe Illustrator DTP宣言
 
女神との出逢い
 
女神の歴史
 
今日の通勤読書
 
TypeDesigner
 
BookCollection-1
 BookCollection-2
 BookCollection-3
 OS X Public Beta-1
 OS X Public Beta-2
 
Photoshop5.0 debut
 
Photoshop 5.0 の新機能
 秀英明朝(大日本印刷)
 
ImageStyler1.0 試用
 
ダウンロードとシステム
 Apple iTools
 
T-Time ダウンロード
 
夢のMMフォント
 
美しい明朝系フォント
 InDesign2.0 テーブル


紹介された雑誌
 スーパーおすすめサイト2003
 
DTP WORLD
 2001年2月号
 Professional DTP
  2001年2月号
 MAC LIFE
 2000年11月号
 
DTP WORLD
 2000年7・8月号)
 
DTPスーパーお助けブック
  2000年
 
Professional DTP
 10月号
 
WWWイエローページ
 Vol.7
 
Mac Fan
 魚井せんせのホームページ回遊術 Vol.4