あなたは今、何をしていますか。

いつか僕達の上にふりそそいだ木洩れ陽は、
今もあなたにふりそそぎ続けていますか。
あなたの事を想って過ごした頃は、
ちょっとした歌にも気持が揺れたものでした。
あなたの為に車を磨いて、
あなたの為にバラードを集めて、
あなたの為に絵を描きました。
陽の光は、あなたと戯れる為、
雨は車の中を外界と隔てる為の、
総て仕組まれた演出でした。

毎日わくわくし続けて、
そして少しだけ辛くて、
それでも愛しい日々でした。

時間のテープは巻き戻らないけれど、
余韻だけはいつまでもいつまでも、長く消えないものですね。
置いたまま忘れてしまったサシェイの香の様に、
いつかふわりと香って来ては、心の中に染み込んできます。

あなたは今、何をしていますか。

もしいつか、又逢う時には、親し気な笑顔で、
きっときっと、優しいままで……。