雪雲

2002年の1月2日、関東にみぞれが降った。
みぞれは短時間でやんでしまったが、その後、雲が切れて、陽の光が射し込んで来た。
荒々しい雲と「天使の梯子」と呼ばれる光の帯。
この「雲間から射す陽光」のことを「天使の梯子」と呼ぶというのは、Fotografie-3-で、「赤い傘」の写真を撮るきっかけを作ってくれた、のぞみ♪さんに教えてもらったのだが、正しくそんな感じ・・・。荘厳な感じさえする。

LEICAFLEX Standard MK II
SUMMICRON-R 50mm f2
KODAK GOLD 100