相輪 (高幡不動尊)

高幡不動尊の五重の塔の相輪。
相輪とは、塔の真中を貫く心柱の、塔の上に突き出て、輪が連続して付いている飾りの部分のこと。
その上に付いた炎の様な飾りは実は炎では無く、水煙。塔が火事にならない様に守っているのである。
西日に照り映える相輪は魅力的だ。

LEICAFLEX Standard MK II
ELMARIT-R 135mm f2.8
KODAK GOLD 100