磐越東線・DE10

運用最終日・H12/3/10

さよならセメント列車

荷物なく

勢揃い

最終列車テープカット

最後の別れ

出発

さようなら

しばしたたずむ

さよならセメント列車

撮影メモ
とうとう磐越東線のセメント列車が最終日を迎えた。かつては昼夜を問わずピストン輸送が行われていたそうだが、最後は現在のスジが一往復が残るのみとなっていた。最終日は大越の専用線にて最終列車の出発式が行われた。構内には入れ替え機が勢揃いし、式辞、花束贈呈、テープカットが行われた。そして、最後に出発の手旗により最終列車は旅立っていった。その最終列車はヘッドマークを掲出し、通いなれた磐東の鉄路を後にした。
関係者の方々、永いあいだお疲れさまでした。そして、いろいろと楽しませてもらった機関車たちに感謝。またいつの日にか・・・