Q&A of さくらカイロプラクティックホームページ


Q: 整体とカイロプラクティックの違いってなんですか?
カイロプラクティックという言葉自体の意味はギリシャ語のカイロ(手)とプラクティック(技術)を組み合わせた造語です。1845年アメリカのD.D.パーマにて創始されました。創始者が定めたカイロプラクティックの定義は『背骨のずれを矯正し、神経圧迫を取り除いて、体の先天的治癒力を回復させることである』とされています。一方整体とは、はっきりした定義のない言葉で、現在日本で行われている民間療法は全般的にこの中に含まれるようで、これが整体だという治療法があるわけではありません。
Q:1回の施術で治りますか?
1回の施術が半永久的にもつということはありませんが、1週間のうちに何回も来ていただくケースは急性期(ぎっくり腰、寝違え)のみです。それ以外に週に1回、2週に1回など経過をみる必要性がある方の場合のみ、その旨きちんと説明したうえでお願いしています。
Q: 保険はききますか?
残念ながらカイロプラクティックは日本では現在保険適用外のため、保険証をお持ちいただく必要はありません。
Q: どんな格好で行けばいいですか?着替えは必要ですか?
スカートかよほど収縮性のないボトムス以外であれば、そのままの格好で施術可能です。こちらで着替え(スエット)の用意があります。無料です。下着、靴下も脱ぐ必要はありません。

Q: ボキボキッとなるこの音はなんですか?
矯正を受ける時耳にするボキボキッというクラッキング音は専門的にはキャビテーションと言って関節内にある気泡がつぶれる時発生する音と言われています。わかりやすく言うと、つぶれたキューピー人形などをお風呂に入れるとボコッと鳴ってへこみが戻るあの音のようなものです。骨と骨(つまり関節)がこすれて動く時の音ではありません。ですから鳴ったから矯正できたとは限りませんし、鳴らなかったから動かなかったとも限りません。

Q: 骨盤矯正で痩せますか? 脂肪は移動しますか?
例えば骨盤の位置が整いますと、垂れていたお尻の位置は多少上がりますが、お尻の筋肉が弱ければ、立ち上がった途端重力に負けてしまいます。世の中にはびこっている「骨盤ダイエット」の考え方を私は支持していません。骨盤を矯正して、太りやすい体質を改善するということと、実際に脂肪が燃焼するかは別の話です。ダイエットには食事の制限と、筋肉トレーニング、有酸素運動が不可欠です。他に道はないと思います。ダイエットに関しては、ご希望の方に部位別の運動などお教えしています。ストレッチだけでも見た目はかなり変わります。

Q: やっぱり脚を組むのは良くないんですよね?
脚を組んで体にいいことは何もありません。股関節及び骨盤の歪みの直接の原因になるのでやらないにこしたことはないですが、逆にある程度骨盤に歪みが出てくると曲がった格好をしている方が楽なので脚を組みたくなるものです。脚を組むのは無意識ですが、やめるのは意識しなければできません。無性に脚を組みたくなったらそろそろ矯正を受けた方がよいというサインです。

Q: 風邪や生理の時は矯正を受けるのをやめた方がいいですか?
血行が良くなるため風邪の場合は熱の上昇、生理中は経血が増える可能性はありますが、肩こり・腰痛など風邪や生理に伴う症状は改善できます。特に矯正を避けなければいけないということもないので、つらければ我慢せずどうぞおこし下さい。咳、鼻づまりなどに対しても、施術をおこなっています。

Q: ぎっくり腰ってどういうものですか? カイロプラクティックでよくなりますか?
ぎっくり腰のタイプは筋肉だけの問題、骨盤(腰仙または仙腸関節)の歪み、あるいは腰椎の変位を伴うもの、椎間板ヘルニアなどさまざまありますが、結局のところ『ふとした日常動作に起きる急激で強烈な腰痛』の総称がぎっくり腰だと言うことができます。ぎっくり腰とは病名ではなく症状名です。カイロプラクティクの矯正を行うことによって、ぎっくり腰の原因を取り除き、再発を防ぐことができます。ただし痛んでいるのは骨ではだけではありません。まわりの軟部組織も傷ついていますので、骨格を矯正したらその場で痛みが嘘のようにとれて帰りにはすたすた歩いて帰れるようなことはありません。足首を捻挫しただけでも何日も痛むのと同じです。動けなくなるほど腰が痛むということは、体が休めといっているサインですから無理は厳禁です。

Q:矯正を一度受けてみたいのですが、特に痛いところがありません。
特別痛みや自覚症状がないような場合は全身調整ということで対応しています。初診時にいきなり回数券を売りつけたり(そもそも回数券がない)、『なんだこれぐらいで来たのかよ』という態度をとったりすることはありませんので、試してみるつもりで気負わずおこし下さい。

Q:小学生など子供も診てもらえますか?
承ります。気になるところがあればどうぞお連れ下さい。(料金は半額程度)

Q:前回施術を受けたのが随分前になるのですがどうなりますか? 再診料など必要ですか?
カルテ、回数券とも七年前(2014年現在2008年来院分)までの保管となります。ですが、久しぶりの来院でも再診料はいただきません。しばらくいらっしゃってない方は何だか申し訳なさそうに入っていらっしゃるのですが、そんな必要はないのです。本当に本当に嬉しいのです。いつでもお待ちしております!

Q:高価な布団とか売りつけられたりしないか心配です。
そう思われるのは心外なので、当院では物販は一切行わない方針です。宗教、スビリチュア
ル系の治療院でもありません。施術者はきわめて現実的な性格です
Q:今日大きいお金しか持ってません。
お釣りあります。大丈夫。
Q:先生は自分の矯正ってどうしてるんですか?
他の先生にやってもらう事はありますが、基本的には自分でやってます。プライドもあるのでいつもタフで元気でいたいと思っておるのですが、同じ姿勢を続けると左の腰をやられがち。

Q:先生の事をなんと呼べば良いのでしょうか?
ここでは便宜上なのか「さくらさん」と呼ばれることが多いです。利根川さんでもなんでもいいです。

Q&Aの最終更新日 : 2019-04-04