ばいおりんのおけいこ

4月3日(月)
ヴァイオリンを本当にはじめるか迷っている間に レッスン当日が来ていた。習う気があるなら、 月初の今日、見学にいかなくては。大慌てで先生のご自宅の 電話番号をさがし出して連絡。今日は3時からのレッスンという ことで、間に合って一安心。
小学校2年生のAちゃんのレッスンを見学させていただくことに。 静かに聴いていられず大きな声で話出してしまうので、 「しー、静かに」の連発。大人しくさせているだけで 疲れてしまった。
用意していったくまちゃんの絵柄のノートに、ごほうびのシールを 貼っていただくと、ようやく笑顔が戻った。 終わってみてから、3才のこどもとしてはよく我慢したと思って 愛おしさがこみあげてきた。たいちゃん、よくがんばったね。 先生はシールを貼るときに「おりこうさんに聴けたわね」と ほめてくださった。そうだよね。たいちゃん、えらかったよね。 すごくごまをすりたくなったので、本屋さんで、キティちゃんの 雑誌を買ってしまった。

4月10日(月)
見学の2回目。あらAちゃん、一週間たって上手になっているわ。 きちんと練習しているんだなあと感心。
Aちゃんのレッスンのあと、先生のもとに呼ばれたたいたこ。 シールをもらえると思って、シールのほうへ目線がちらちら。 「ちょっと待ってね。シールの前に、そこでぴっと立ってみて。」 ”気をつけ”の姿勢というものを知らないたいたこは、ふにゃふにゃふにゃ〜。 わたしのほうへ駆け戻ってしまうので「ほらほら、おかあさんのところへ いかないで、ここへ立って。」そう言われても、すぐ後ろにある椅子に 腰掛けてしまう。さんざん促されて、やっと椅子の前で気をつけ。 先生は『こぎつね』を演奏され「これ知ってる?」だまってうなずく たいたこ。「はい、よく聴けました」とシールをいただいた。
気をつけの姿勢と「おねがいします」「ありがとうございました」を 教えないといけないのね。
今日のごほうびは、ミッキーマウスの雑誌。ふろくに 厚紙でつくったコインやカプセルがついていて、みんみんが みんな口に運んでしまい、困った。

4月17日(月)
はじめてのグループレッスンの見学。 集まったこどもたちが順番に先生に調弦してもらっている。 「おかあさん、たいちゃんのバイオリン持ってきた?」 「ううん、もってきてないよ」

(ここはまた今度書きます。)


『きらきら星』の合奏の際、先生が下のパートを弾かれたため、 がらっときれいな響きに。がまんして声にはださなかったけれども、 たいたこはパッと振り返って「おかあさん、きれいだね」とでも いいたげな、いきいきとした表情。

4月24日(月)
午前中いいお天気で、たいたこは元気に外遊び。 昼食の時点ですでに眠たそうだったけれども、 おけいこの間、もつかしら?
今日は個人レッスン。たいたこもみんみんも見学の雰囲気に慣れて、 落ち着いた様子。みんみんなどはくつろいで音楽を楽しんでおり、 レッスンを受けているAちゃんがボッケリーニのメヌエットを 弾きだすや、「うーうー」といって体を上下に揺すりだす。 途中おもちゃを求めて騒ぎだしたので、大好きな歯ブラシを 与えたところ、ご機嫌に。
たいたこも大人しくトーマスの絵本を眺めながら静かに見学。 30分ほどのレッスンの後半、眠気がおそってくるのに耐えている ようで、絵本をかじったり、いすの座面と背もたれの間に はまりこんだり。やがてレッスン終了。
「はい、たいちゃんもシール貼りにいらっしゃい」と呼ばれて、 先生のところへ。「おねがいします」とおじぎをして、先生が 演奏される『ちょうちょう』を聴く。そして、足の姿勢を教わる。
1:両足をぴっとそろえて立つ。
2:両足を肩幅に開く。
3:左足を少し斜め前へ出す。
この姿勢で立って、上体を押されても倒れないようにしっかり 立てるように練習してくるのが宿題。
また、『きらきら星』を弾くときのリズム”タカタカタッタ”を 口で歌い、同時に右手で大人と握手をしたまま、リズムに合わせて 手を振る(弓で弾く動きを、握手した格好で覚えるため)。
そして「ありがとごじゃーまった。」

[ばいおりんのおけいこのトップへ]




ご意見、ご感想は こちらまでお願いします。
E-mail : hiikoysd@air.linkclub.or.jp
〜おたよりお待ちしています〜