ティラノのばいおりん



ティラノがバイオリンに興味をもつきっかけになったのは、NHK教育テレビの 音楽の 番組「トゥトゥ・アンサンブル」です。この番組は泰助が大好きな もののひとつで、 テーマがなりだすと、番組終了まで少しも動かずに集中して みています。 徳永二男さんをゲストに招いてバイオリンを紹介した回に、 「ばいん(バイオリン)、 ばいん」といいだしました。べつの回にチェロが 紹介されたときには、チェロをみて 「ばいん」と言っているので、あれは”チェロ”と いうのよ、と教えたら、「ばいん、 ちお、ばいん、ちお」と言いつづけていました。 わが子ながら、それはとても かわいらしい様子でした。



平成10年11月末ごろのこと。サインペンでらくがき帳に絵を描いていたはずのティラノが、 「ばいん、ばいん」といいだしました。みると、サインペンを左右の 手に一本ずつ もって、バイオリンを弾くまねをしているではありませんか!

「ばいん、ばいん」 こんな感じ?

その後、食卓のおはしでも、同じことをくりかえしました。こんなことをされたので、 親のほうは、まいってしまいました。ちょうど、代々木にある楽器店でバイオリンの 展示即売会が開かれ、安くバイオリンを手に入れることができそうだったので、 2才の誕生日のプレゼントに、ということで購入することにしました。


バイオリンを買ってはみたものの、もちろん、よろこんですぐに弾いてくれる、と いうわけではありません。ホームページ用に写真を撮るから、ああやって、 こうやって、ここを持って、とこんなポーズをとらせてみましたが、


えへ。これでいいの?


よーし、かんばっちゃお!


いつでもこういう具合というわけにはいきません。はじめて楽器を持たせてみた ときに、やれそこを握ってはいけない、やれこう構えろとうるさく注意したら、 ティラノの眉間にしわが寄り、鼻息が荒くなって、イライラしていました。 ティラノ としては、興味があって好きなようにいじってみたいのに、こどもにとって 楽でない姿勢を要求され、いろいろと命令されておもしろくなかったのです。 そのことに気づいて、もう持ち方を教えたりするのはやめました。 自分が中学生の 頃にバイオリンをはじめて持って、やはり細かい注意が多かったのにうんざりした ことを思い出しました。楽器を壊さないようにだけ注意して、あとは ティラノの音楽を 愛する気持ちをそだてるように、好きなときに、好きなように 触っていいよという 態度でいるように心がけています。


まあ、実際のところバイオリンにとっては受難です。 2才のこどもがもつのだから、 最初の楽器が傷付くのは、ある程度覚悟を していますが、楽器を逆さまに置いたり、 弓で床をビシビシたたいたり、ケースに 乗ったりと、こちらが予想しないことを やってくれるので、みているほうは大変です。 購入して2〜3週間のうちに、すでに 数回コマがはずれました。トホホ。

  

 「くっき(積み木)、くっき!」


それでも、こんなふうにケースをおもちゃにしてみたり、なにより松ヤニ(弓と弦を 擦れやすくするために使う)がいちばんお気に入りだったりして、自分のバイオリンを もてたことはよろこんでいるようです。「たいちゃん、ばいん」といいながら、 ちいさい体でよちよちとケースを持ち歩いています。その重さにたえきれず、 最後は ケースごと床にバンッと落としてしまうので、バイオリンの受難は、当分つづきそうです。




ご意見、ご感想は こちらまでお願いします。
E-mail : hiikoysd@air.linkclub.or.jp
おたよりお待ちしています!