[東京のまちづくり情報]

建築基準法

別表第一 耐火建築物又は準耐火建築物としなければならない特殊建築物(第六条、第二十七条、第二十八条、第三十五条―第三十五条の三、第九十条の三関係)

(い)

(ろ)

(は)

(に)

用途

(い)欄の用途に供する階

(い)欄の用途に供する部分((一)項の場合にあつては客席、(五)項の場合にあつては三階以上の部分に限る。)の床面積の合計

(い)欄の用途に供する部分((二)項及び(四)項の場合にあつては二階の部分に限り、かつ病院についてはその部分に患者の収容施設がある場合に限る。)の床面積の合計

(一)

劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂、集会場その他これらに類するもので政令で定めるもの

三階以上の階

二百平方メートル(屋外観覧席にあつては、千平方メートル)以上

/

(二)

病院、診療所(患者の収容施設があるものに限る。)ホテル、旅館、下宿、共同住宅、寄宿舎その他これらに類するもので政令で定めるもの

三階以上の階

/

三百平方メートル以上

(三)

学校、体育館その他これらに類するもので政令で定めるもの

三階以上の階

/

二千平方メートル以上

(四)

百貨店、マーケット、展示場、キャバレー、カフェー、ナイトクラブ、バー、ダンスホール、遊技場その他これらに類するもので政令で定めるもの

三階以上の階

三千平方メートル以上

五百平方メートル以上

(五)

倉庫その他これに類するもので政令で定めるもの

二百平方メートル以上

千五百平方メートル以上

(六)

自動車車庫、自動車修理工場その他これらに類するもので政令で定めるもの

三階以上の階

/

百五十平方メートル以上