[home] [index] 

○建設省告示第 千四百一号

 建築基準法施行令(昭和二十五年政令第三百三十八号)第一条第五号の規定に基づき、準不燃材料を次の

ように定める。

平 成 十二年 五月 三十日      建 設大臣 中山 正暉

 

     準不燃材料を定める件

 

第一 通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後十分間建築基準法施行令(以下「令」という。)

 第百八条の二各号に掲げる要件を満たしている建築材料は、次に定めるものとする。

 一  不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後二十分間令第百八条の二各号

  に掲げる要件を満たしているもの

 二  厚さが九ミリメートル以上のせっこうボード(ボード用原紙の厚さが〇・六ミリメートル以下のもの

  に限る。)

 三  厚さが十五ミリメートル以上の木毛セメント板

 四  厚さが九ミリメートル以上の硬質木片セメント板(かさ比重が〇・九以上のものに限る。)

 五  厚さが三十ミリメートル以上の木片セメント板(かさ比重が〇・五以上のものに限る。)

 六  厚さが六ミリメートル以上のパルプセメント板

第二  通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後十分間令第百八条の二第一号及び第二号に掲

 げる要件を満たしている建築材料は、次に定めるものとする。

 一  不燃材料

 二  第一第二号から第六号までに定めるもの

 

 附 則

1 この告示は、平成十二年六月一日から施行する。

2 昭和五十一年建設省告示第千二百三十一号は、廃止する。

 [home] [index]