頭痛の原因と治療 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
 頭痛の原因には、神経内科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、整形外科領域などの疾患があります。
1.
上気道炎・髄膜炎・脳炎
 頭痛の大半は咽頭炎などの上気道炎、いわゆる風邪の発熱に伴って現れます。上咽頭炎、扁桃炎、咽頭炎、かぜ症候群などは耳鼻咽喉科日常診療の中で最も多い疾患ですが、頭痛を伴う場合に希には髄膜炎や脳炎の場合もあって油断はできません。
2.
緊張性頭痛
 風邪をのぞく頭痛の大半は頚部の筋緊張が高まって生じる緊張性頭痛です。
 毎日あるいは週に数回、長時間のデスクワークなどによる頭部の筋肉の緊張や、精神的ストレスで起こります。特に午後になって、頭全体が圧迫されるような、ギューッと締め付けられるような中等度の痛みが出現し、徐々に悪化します。肩こりやめまいを伴います。前頭部が痛むことがあり、副鼻腔炎による痛みとの鑑別が必要になることもあります。片頭痛の「ズキズキ」は拍動と一致しますが、緊張性頭痛の「ズキズキ」は拍動と無関係におこります。緊張性頭痛は多くの場合、通常の消炎鎮静剤や筋弛緩剤で治療されます。葛根湯や釣藤散などの漢方が有効な場合もあります。整形外科的な治療を要するケースもあります。
3.
片頭痛
 頭の片側、時には両側に、ズキンズキンという脈を打つような、中等度からかなり強い痛みがひと月に1〜2回発作的に数時間から数日続きます。吐き気がしたり、光をまぶしく感じたり、音に敏感になったりします。女性に多い頭痛です。一般の鎮痛剤でコントロール出来ている方も多いのですが、最近では拡張した脳の血管を収縮させて神経の炎症を抑えるトリプタン系製剤が頭痛発作時に用いて効果の上がっている方もあります。
 二日酔いの頭痛も頭を動かすと頭痛がひどくなる、頭全体が圧迫感があり、奥の方がずきずきする、嘔気、嘔吐、集中力低下、疲労感、仕事への支障などの点で、片頭痛とよく似た症状です。
4.
群発頭痛
 片側の眼窩周囲や目の奥に、毎年同じ時期に1〜2ヶ月にわたって、毎日きまった時間帯(特に夜間)に、1〜2時間ズキンズキンという目をえぐられるような激しい痛みがおこります。若い男性に多い頭痛です。流涙、結膜充血、鼻水、鼻づまり、顔面紅潮、発汗、Horner症候群(一側の縮瞳、眼瞼下垂、眼裂狭小)などの自律神経症状を伴うことがあります。激しい痛みのために耳鼻咽喉科、眼科、歯科を受診する方もあります。イミグランが片頭痛、群発頭痛に対して有効です。
5.
三叉神経痛
 三叉神経は脳神経の一つで顔面領域の知覚を感じる神経です。顔面神経は顔面の表情筋を支配する神経ですから、「顔面神経麻痺」という疾患は存在しますが、「顔面神経痛」という言葉は誤った使い方です。特発性三叉神経痛では一側の顔面に疼痛が起きます。テグレトールが有効で、治療が長くなることが多いのですが、自然に緩解してしまうケースもあります。脳神経外科の手術的治療法として、脳内で三叉神経に接している側頭動脈を神経と離すことにより治る場合もあります。症候性三叉神経痛として、脳腫瘍、帯状疱疹急性副鼻腔炎などに伴って症状が出る場合もあります。
6.
副鼻腔炎による頭痛
 鼻詰まり鼻汁などの症状がない場合でも、前頭部に持続的疼痛が出ているときには副鼻腔炎が原因のことがあります。アレルギー性鼻炎がある人では副鼻腔炎を併発しやすく、慢性頭痛の原因になっています。耳鼻咽喉科で診断と治療が行われます。
7.
くも膜下出血・脳出血・脳梗塞
 激しい頭痛と、出血の程度と場所によっては意識障害や麻痺などの出ることがあります。緊急にCTやMRI検査により診断し、保存的治療あるいは脳神経外科的な治療が必要となります。
8.
脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)
 交通事故、スポーツ外傷後などに発症することが多く、頭痛・めまいを始めとして多彩な症状を呈する疾患です。
9.
高血圧性脳症
 急激な血圧上昇に伴い、強い頭痛・眠気・視力障害・意識障害・けいれんなどがおきます。入院のうえ、急いで血圧を下げる治療を行う必要があります
10.
後頭神経痛(大後頭神経痛・小後頭神経痛)
 後頭部がビリビリ、ズキズキなど知覚過敏になります。毛髪を撫でることにより痛みが誘発され、後頭部に圧痛点があります。頚椎症や頚髄腫瘍などの疾患が原因となっている場合もあります。消炎鎮痛剤やビタミンB12製剤で治療します。
11.
側頭動脈炎
 側頭動脈の有痛性腫脹が特徴的で、視力障害を生じることもあります。治療にはステロイド剤が使われます。
12.
脳腫瘍・未破裂脳動脈瘤
 頭痛は一見たいしたことがないようなケースにCTやMRI検査を行って脳腫瘍や未破裂脳動脈瘤が発見されることも珍しいことではありません。脳神経外科で治療あるいは経過をみていただくことになります。
13.
緑内障による頭痛
 緊急で眼科的治療を要します。

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引