耳下腺炎 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
 
唾液腺(耳下腺、顎下腺、舌下腺など)の腫れる病気について
【主な唾液腺疾患】
1.外傷
2.急性炎症
 (1)流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふく風邪)

   ムンプスウィルスによる急性耳下腺炎の1/3は片側性。比較的小児に多い。ムンプス難聴、脳髄膜炎、睾丸炎、膵炎、卵巣炎などを合併することがある。MMR(麻疹、ムンプス、風疹)ワクチンの接種が勧奨されている。(参考:おたふく風邪のリスクについて
 (2)急性化膿性耳下腺炎
   
  耳下腺の口腔内への開口部から逆行性に感染が起きる。高齢者、術後、口腔内衛生不良、唾液分泌低下、唾石症などが誘因になる。耳下腺を耳前部から前方へ圧迫し、口腔内の耳下腺開口部から膿が排出されることで診断できる。抗生物質による治療を行う。
 (3)耳下腺内リンパ節炎
3.慢性炎症
 (1)反復性耳下腺炎
 (2)線維素性唾液管炎(アレルギー性唾液腺炎)
 (3)慢性硬化性唾液腺炎(キュットナー腫瘍)
 (4)慢性耳下腺炎
4.特殊性炎症
   結核・梅毒・放線菌症
5.シェーグレン症候群
6.サルコイドーシス(ヘールホルト症候群)
7.ミクリッツ症候群、ミクリッツ病
8.軟部好酸球肉芽腫症(木村氏病)
9.唾液腺症(無症候性唾液腺腫大)
10.唾液分泌障害(口内乾燥症、唾液分泌過多症)
11.唾石症
12.唾液管異物
13.がま腫(ラヌーラ)
14.腫瘍(耳下腺腫瘍唾液腺癌

(耳鼻咽喉科学、北村武編、文光堂、1985年より改変)

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引