耳鼻咽喉科外来診療に係る主な保険診療点数 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室

初診料

時間内

時間外

休日

深夜

一般・老人

282

367

532

762

6才未満

357

482

647

977

再診料

時間内

時間外

休日

深夜

一般・老人

72

137

262

492

6才未満

110

207

332

662

※外来管理加算 +52
※明細書発行体制等加算 +1

一般名処方加算-1 3点 、-2 2点
※耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料 +150
※診療所の特例(初診、再診共通)
 夜間・早朝加算 +50

小児科外来診療料

初診

再診

処方せんあり

572

383

処方せんなし

682

493

届出・3才未満

耳鼻咽喉科的検査
自覚的聴力検査
 1. 標準純音聴力検査、自記オージオメーター  350
 2. 標準語音聴力検査、ことばのききとり検査  350
 3. 簡易聴力検査
  イ 気導純音聴力検査  110
  ロ その他  40
 4. 後迷路機能検査(一連)  400
 5. 内耳機能検査(一連)、耳鳴検査(一連)  400
 6. 中耳機能検査(一連)  150
補聴器適合検査
 1. 1回目  1,300
 2. 2回目  700
鼻腔通気度検査  300
鼓膜音響反射率検査  100
他覚的または行動観察による聴力検査
 1. 鼓膜音響インピーダンス検査  290
 2. チンパノメトリー  340
 3. 耳小骨筋反射検査  450
 4. 遊戯聴力検査  450
 5. 耳音響放射(OAE)検査
  イ 自発耳音響放射(SOAE)  100
  ロ その他の場合  300
耳管機能測定  450
蝸電図  750
平衡機能検査
 1. 標準検査(一連) 20
 2. 刺激又は負荷を加える特殊検査(一連) 120

 3.頭位及び頭位変換眼振検査
  イ 赤外線CCDカメラ等による場合 300
  ロ その他の場合                    140
 4. 電気眼振図
  イ 皿電極により4誘導以上の記録  400
  ロ その他の場合  260
 5. 重心動揺計、下肢加重検査等  250
  パワーベクトル分析加算  200
  刺激又は負荷を加えた場合の加算(1種目)  120
音声言語医学的検査
 1. 喉頭ストロボスコピー  450
 2. 音響分析  450
 3. 音声機能検査  450
扁桃マッサージ法  40
嗅覚検査
 1. 基準嗅覚検査  450
 2. 静脈性嗅覚検査  45
電気味覚検査(一連)  300
 濾紙ディスク法による味覚定量検査 300
内視鏡検査
喉頭直達鏡検査  190
鼻咽腔直達鏡検査? 220
嗅裂部・鼻咽腔・副鼻腔入口部ファイバースコピー  600
喉頭ファイバースコピー  600
内視鏡下嚥下機能検査  600
中耳ファイバースコピー  240
気管支鏡検査  500
食道鏡検査  400
 内視鏡検査2回目 ()90/100
 他院撮影の内視鏡写真診断 70(1回につき)
診断穿刺・検体採取料
血液採取(1日につき)
 1. 静脈  25
 2. その他  6
 ※6歳未満加算 +20
鼻腔・咽頭拭い液採取 5点
上顎洞穿刺(片側)  60
扁桃周囲炎又は扁桃周囲膿瘍における試験穿刺 180
リンパ節等穿刺又は針生検  120
甲状腺穿刺又は針生検  130
組織試験採取、切採法
 1. 皮膚、筋肉  500
 4. 耳  400
 5. 鼻・副鼻腔  400
 6. 口腔  400
 7. 咽頭、喉頭  650
 8. 甲状腺  650

病理組織標本作製(1臓器につき) 860
病理診断料1組織診断料 400  2細胞診断料 200
病理判断料 150
スパイログラフィー等検査
 1. 肺気量分画測定  90
 2. フローボリュームカーブ  100

終夜睡眠ポリグラフィー
 1. 携帯用装置使用の場合  720
 2. 多点感圧センサーを有する睡眠評価装置を使用した場合 250
 3. 1及び2以外の場合  3,300
検体検査
検査に際しての採血料:静脈…6歳以上 16   6歳未満 30
 (1日につき)   耳朶、指尖…6歳以上 6   6歳未満 20
尿一般  26
尿蛋白  7
尿糖  9

尿沈渣(鏡検法) 27
赤血球沈降速度(ESR)  9
好酸球(鼻汁・喀痰) 15
※血液学的検査判断料  125
末梢血液像(自動機械法) 15
末梢血液像(鏡検法) 25
出血時間  15
プロトロンビン時間
(PT)  18
全血凝固時間  18
トロンビン時間  25
血液型(ABORh)  21
ASO
定量・半定量・定性  15
ASK
定性・半定量  29
A
群β溶連菌迅速試験定性  134
インフルエンザウイルス抗原定性  147
クラミジア・トラコマチス抗原定性  164
インフルエンザ菌(無莢膜型)抗原定性 150点
マイコプラズマ抗原定性(免疫クロマト法) 150点
アデノウイルス抗原定性 200点
グロブリンクラス別ウイルス抗体価(1項目あたり) 219点
淋菌及びクラミジア・トラコマチス同時核酸検出 286点
単純疱疹ウィルス・水痘帯状疱疹ウィルス核酸定量 287点

肺炎球菌細胞壁抗原定性  200
非特異的IgE半定量・定量 各100
特異的IgE半定量・定量  各110
1回の採血で1,430点限度
細菌培養同定検査
 1. 口腔、扁桃、鼻汁(気道、呼吸器)  160
 2. 消化管からの検体  180
 3. 血液又は穿刺液   210

 4. 泌尿器又は生殖器  170
 5. その他の部位、耳漏 160
 () 嫌気性培養加算  +118

 () 簡易培養検査  60
細菌薬剤感受性検査
 1. 1菌種  170
 2. 2菌種  220
 3. 3菌種以上  280
検体検査判断料
1.
尿・糞便等検査判断料   34
2.
血液学的検査判断料   125
3.
生化学的検査()判断料 144
4.
生化学的検査()判断料 144
5.
免疫学的検査判断料   144
6.
微生物学的検査判断料 150
耳に関する診療項目
耳処置(一側、両側の区別なく1)  25
 外耳道入口部から鼓膜面までの処置であり、耳浴及び耳洗浄を含む
鼓室処置(片側)  55
 急性又は慢性の鼓膜穿孔耳に対して鼓室病変の沈静・制御を目的として、
 鼓室腔内の分泌物・膿汁等の吸引及び鼓室粘膜処置等を行った場合。
耳管処置(通気、鼓膜マ、鼻処置を含む)
 1. カテーテルによる耳管通気(片側)  30
 2. ポリッツエル球による耳管通気法  20
鼓室穿刺(片側)  50
耳管ブジー法(通気、鼓膜マの併施を含む)(片側)  45
耳垢栓塞除去(複雑なもの)
 1.片側 100
 2.両側 150
 6歳未満、50点加算
耳介血腫開創術  380
外耳道異物除去1.単純なもの 2202.複雑なもの 710
先天性耳瘻管摘出術 3,900
副耳()切除術  2,240
耳茸摘出術  830
耳介腫瘍摘出術  4,720
鼓膜切開術  690
耳管内チューブ挿入術、耳管狭窄ビニール管挿入  1,090
鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術  2,670
イオントフォレーゼ加算  45
鼓膜穿孔閉鎖術(一連)  1,580
鼓膜鼓室肉芽切除術  3,020
鼓膜形成手術  18,100
鼓室形成手術  42,770
鼻に関する診療項目
鼻処置  12
副鼻腔自然口開大処置  25
副鼻腔手術後の処置(片側)  45
上顎洞穿刺(片側)  60
副鼻腔洗浄、吸引、注入(片側)
 1. 治療用カテーテルによる場合  55
 2. 1 以外の場合  25
鼻出血止血法(ガーゼタンポン、バルーン)  240
鼻咽腔止血法(ベロック止血法)  440
ネブライザー  12
超音波ネブライザー  24
鼻腔粘膜焼灼術  900
下甲介粘膜焼灼術  900

下甲介粘膜レーザー焼灼術(両側) 2,910
鼻骨骨折徒手整復術  1,640
鼻内異物摘出術  690
鼻甲介切除術  1,820
鼻甲介切除術
 1.高周波電気凝固法によるもの  900
 2.その他のもの  1,820
粘膜下下鼻甲介骨切除術  2,960
鼻茸摘出術  1,090
出血性鼻茸摘出術  6,860
内視鏡下鼻・副鼻腔手術T型  3,600
内視鏡下鼻・副鼻腔手術U型 10,000
内視鏡下鼻・副鼻腔手術V型 24,500
内視鏡下鼻・副鼻腔手術W型 31,990
内視鏡下鼻・副鼻腔手術X型 40,000

上顎洞性後鼻孔ポリープ切除術  1,510
鼻中隔矯正術  6,860
鼻内篩骨洞根治手術  4,170
※副鼻腔手術用内視鏡加算  1,000

※副鼻腔手術用骨軟部組織切除機器加算 1,000
咽喉頭に関する診療項目
口腔、咽頭処置  12
扁桃処置  40
間接喉頭鏡下喉頭処置  27
扁桃周囲膿瘍穿刺(扁桃周囲炎を含)  80
唾液腺管洗浄(片側)  60
唾液腺管ブジー法(片側)  45
咽後膿瘍切開術  1,900
扁桃周囲膿瘍切開術  1,830
咽頭異物摘出術
 1. 簡単なもの  420
 2. 複雑なもの  2,100
アデノイド切除術  1,600
口蓋扁桃手術
 1. 切除  1,430
 2. 摘出  3,600
舌扁桃切除術  1,230
喉頭膿瘍切開術  2,140
深頚部膿瘍切開術 4,000
喉頭浮腫乱切術  2,040
喉頭又は声帯ポリープ切除術
 1. 間接喉頭鏡によるもの  2,990
 2. 直達喉頭鏡又はファイバースコープによるもの  4,300
喉頭異物摘出術
 1. 直達鏡によらないもの  2,920
 2. 直達鏡によるもの  5,250
喉頭腫瘍摘出術
 1. 間接喉頭鏡によるもの  3,420
 2. 直達鏡によるもの  4,310
軟口蓋形成手術  9,700
 いびきに対する軟口蓋形成手術を行った場合に算定する
頬粘膜腫瘍摘出術 4,460
舌腫瘍摘出術 1. 粘液嚢胞摘出術 1,220
          2 その他のもの   2,940
頬、口唇、舌小帯形成手術  560
口唇腫瘍摘出術 1. 粘液嚢胞摘出術 910
             2. その他のもの  3,050

がま腫切開術  820
唾石摘出術
 1. 表在性のもの  640
 2. 深在性のもの  3,770
 3. 腺体内に存在するもの  6,550
がま腫摘出術  5,950
※手術・麻酔加算
 生後28日以内の新生児 +300
 生後3歳未満の乳幼児  +100
 3歳以上6歳未満の幼児 + 50
 時間外     +40
 休日または深夜 +80
神経ブロック
神経ブロック(局麻剤又はボツリヌス毒素使用)
 蝶形口蓋神経節ブロック  800
 眼瞼痙攣・片側顔面痙攣(ボツリヌス毒素使用) 400
 星状神経節ブロック、顔面神経ブロック  340
神経ブロック(神経破壊剤又は高周波凝固法)
 蝶形口蓋神経節ブロック、顔面神経ブロック  1,800
トリガーポイント注射  50
投薬・注射以外の検査・処置・手術麻酔などの薬剤料
 薬剤の価格をPとし、
 P=15円未満  0
 P=15円以上の時、
 (P-15)×1/101 点 小数点以下切り上げ
処置一般
創傷処置
 100平方cm未満  45
 100平方cm以上500平方cm未満  60
熱傷処置
 1. 100平方cm未満  135
 2. 100平方cm以上500平方cm未満  147
穿刺排膿後薬液注入  45
ドレーン法(ドレナージ)(1日につき)
 1. 持続吸引  50
 2. その他のもの  25
 ※3歳未満の乳幼児加算 +110
リンパ節等穿刺  200
リンパ管腫局所注入(ピシバニール局所注入)  1,000
喀痰吸引(1日につき)  48
 乳幼児加算(6歳未満)75
救命のための気管内挿管  400
人工呼吸 1. 30分まで  220
非開胸的心マッサージ 1. 30分まで  250
皮膚科軟膏処置
 1. 100平方cm以上500平方cm未満  55
皮膚科光線療法 1. 赤外線又は紫外線療法  45
酸素吸入(1日につき)  65
突発性難聴に対する酸素療法(1日につき) 65
血腫、膿腫穿刺  80
消炎鎮痛等処置(1日につき)
 3. 湿布処置 イ 半肢の大部分又は頭+頸+顔  35
       ロ その他のもの  24
手術一般
創傷処理
 4. 筋肉、臓器に達しないもの(長径5cm未満)  470
 5. (長径5cm以上10cm未満)  850
小児創傷処理(6歳未満)
 4. 筋肉、臓器に達しないもの(長径2.5cm未満)  450
 5. (長径2.5cm以上5cm未満)  500
 6. (長径5cm以上10cm未満)  950
皮膚切開術 1. 長径10cm未満  470
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)
 1. 長径2cm未満  1,660
 2. 長径2cm以上4cm未満  3,670
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)
 1. 長径3cm未満  1,280
 2. 長径3cm以上6cm未満  3,230
手術、麻酔の新生児加算:+300%、乳幼児加算:+100%
緊急時時間外加算:+40%、休日又は深夜加算:+80%
管理料
特定疾患療養管理料(2)1. 診療所  225
耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料  150
高度難聴指導管理料 ロ(イ 人工内耳埋込術) 以外  400
喘息治療管理料(1) 1月目  75
            ロ 2月目以降  25
診療情報提供料(1)  250
診療情報提供料(2)  500
薬剤情報提供料  10
外来迅速検体検査加算(5項目限度) +5
薬剤処方等
調剤料 1. 外来
 イ 内服薬、浸煎薬及び頓服薬(1回の処方に係る調剤につき)  9
 ロ 外用薬(1回の処方に係る調剤につき)  6
 麻薬、向精神薬を投薬したときは1処方に付各1点を加算
処方料
 1. 7種類以上の内服薬の投薬  29
 2. 1以外の場合  42
 ※3歳未満、1処方につき3点加算
 特定疾患処方管理加算、15点加算(2回に限り)
 特定疾患長期処方管理加算、65点加算(1回に限り)
処方せん料
 1. 7種類以上の投薬 40
 2. 6種類以下の場合 68
 ※3歳未満、処方せんの交付1回につき3点加算

 一般名処方加算 2
 ※特定疾患処方管理加算、18点加算(2回に限り)
 ※特定疾患長期処方(28日以上)管理加算、65点加算(1)
皮内、皮下及び筋肉内注射(1回につき)  18
静脈内注射(1回につき)  30
 6歳未満、42点加算
点滴注射(1回につき)
 1. 6歳未満(1100ml以上)、加算42点  95
 2. 1以外(1500ml以上)  95
 3. その他の場合  47
投薬料
使用薬剤    調剤  薬剤
内服薬及び浸煎薬 9  11日分
頓服薬      9  1回分
外用薬      6  1調剤
 1処方42(6剤以下)
 (1)3歳未満:+3
 (2)薬剤情報提供料+10[老人+15
 (3)特定疾患処方管理加算:+15
 麻薬・向精神薬を投薬した時は1処方に付各1点を加算
 処方箋料(処方料包括)交付  6種類以下 68 70(後発医薬品を含む)
 1回につき(1)3(3)15   7種類以上 40 42(後発医薬品を含む)
画像診断
エックス線単純撮影 イ 頭部、胸、腹、脊椎
 写真診断85点 デジタル撮影68
 電子画像管理加算57
 新生児:+30%、乳幼児:+15%
リハビリテーション
脳血管疾患等リハビリテーション料
 1. 脳血管疾患等リハビリテーション料(1)(1単位) 廃用症候群180、以外245
 2. 脳血管疾患等リハビリテーション料(2)(1単位) 廃用症候群146、以外200
 3. 脳血管疾患等リハビリテーション料(3)(1単位) 廃用症候群 77、以外100
呼吸器リハビリテーション料
 1. 呼吸器リハビリテーション料(1)(1単位)  170
 2. 呼吸器リハビリテーション料(2)(1単位)  80

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引