いびきの外来手術 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
レーザーによるイビキのための咽頭形成手術;LAUP
手術適応はノドの形に問題があってイビキの出やすい単純いびき症のケース

いびき症の手術LAUP例1
 いびき・レーザー手術1 いびき手術前
いびき・レーザー手術2 口蓋垂、軟口蓋、口蓋弓をレーザーで切除し、咽頭腔を拡大形成
いびき・レーザー手術3  縫合。軟口蓋基部にラジオ波凝固治療を加えることもあります。
 本法は、極めて短時間で済み、侵襲も少なく、手技も簡単な手術ですが、知覚の鋭敏な口蓋垂や咽頭粘膜を傷つけますから、術後には必ず瘢痕(はんこん)ができます。瘢痕による拘縮(こうしゅく)は、のどの違和感やひきつれるような不快感、飲み込みづらさなどの不具合が、術後何年も続くことがあります。
 本法に限らず手術療法は、厳格な適応基準のもとに行えばその効果は著しいが、これを怠って安易に行うと、無効かつ後遺症に悩まされることがあるから、的確な部位診断をおこなって、適応例に対して行うべきである。(前秋田大学耳鼻咽喉科教授戸川清先生)

いびき症の手術LAUP例2
LAUP手術直後の所見
LAUP+RFA(軟口蓋へのラジオ波治療)手術施行後半年経過

 軟口蓋の切除はできる限り少なくして、術後の瘢痕形成を抑え、残した軟口蓋基部にラジオ波凝固治療を加えることによって、治療効果を高める工夫をした術式。

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引