鼻中隔彎曲症(鼻曲がり) 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
 左右の鼻腔を分けている鼻中隔が完全に真っ直ぐなヒトはありません。鼻中隔はわずかでも曲がっているのが普通です(正常鼻腔)。鼻中隔が曲がっていることによって何らかの病状が出ている場合に「鼻中隔彎曲症」という病名が付けられます。鼻中隔が曲がっているだけで症状が何もない場合には治療する必要はありません。鼻づまり(鼻閉)やそれに起因する鼻呼吸障害、イビキの発生、副鼻腔炎(蓄のう症)嗅覚障害耳管機能障害などの隣接臓器への影響がある場合に治療を考えることになります。
鼻中隔彎曲症鼻中隔彎曲症について

右鼻腔左鼻腔
 鼻中隔彎曲症の治療の主眼は鼻腔通気度(鼻の通り具合)の改善であり、鼻づまり(鼻閉)の原因として鼻中隔彎曲症や肥厚性鼻炎がある場合には手術的治療の適応になります。鼻中隔彎曲症矯正手術や下鼻甲介骨切除手術などの骨や軟骨を切除する手術は、術中・術後の疼痛や出血および腫脹の管理のために一般的には入院手術の適応とされます。無床診療所の当院外来では鼻中隔彎曲症の手術は行っていませんが、手術自体はそれほど侵襲が大きいものではないので、条件(外来日帰り手術の要件)が整えば外来手術として行われている医療機関もあります。鼻づまりの改善の手術的治療法として、下鼻甲介のレーザー手術ラジオ波凝固治療だけであれば当院でも行っているような外来手術が一般的です。
鼻中隔彎曲症矯正手術下鼻甲介粘膜下骨切除術下鼻甲介粘膜切除術
 鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎、鼻つまり、鼻閉 鼻中隔彎曲症、肥厚性鼻炎、鼻閉、鼻詰まり
 鼻中隔湾曲症矯正手術及びそれに付随して行われることの多い下鼻甲介粘膜下骨切除術と下鼻甲介粘膜切除術は、数ある耳鼻咽喉科手術の中でも治療効果が最も期待できる手術の一つといえるでしょう。鼻中隔彎曲症矯正手術は鼻中隔を構成している軟骨や骨を切除する手術であり、切除された骨・軟骨は元に戻ることはありませんから根治的な手術治療となります。しかし、骨や粘膜が切除されても下鼻甲介の粘膜は何年かの経過で再び肥厚してくることがあり、そのことが原因で鼻閉が再発するケースがあります。つまり、鼻中隔彎曲症は手術で治っていても、下鼻甲介の粘膜が再腫脹することにより鼻閉症状が再発する場合があり、そのようなケースに対して下鼻甲介のレーザー焼灼術やラジオ波凝固治療の効果は期待できるでしょう。
 下鼻甲介粘膜下骨切除手術後、下鼻甲介後端の粘膜腫脹による鼻閉
下鼻甲介手術後のレーザー治療1 下鼻甲介手術後のレーザー治療3 下鼻甲介手術後のレーザー治療4
レーザーによる治療
下鼻甲介手術後のラジオ波凝固治療1 下鼻甲介手術後のラジオ波凝固治療2
ラジオ波による下鼻甲介後端の凝固治療
 至適な鼻中隔弯曲症矯正手術が行われて、解剖学上は最良の状態になっているにもかかわらず、依然として、鼻から十分に空気が吸えないとの訴えが続く方もあります。一つには鼻弁という鼻の入り口(鼻前庭)から鼻腔までの区間で最も狭くなっている部分が原因となっていることがあります。この部分が狭い場合には鼻翼の形成外科的な手術が必要になります。また、心因性鼻閉という状態で鼻腔自体には全く問題が無くても鼻が詰まると感じている場合もあります。逆に手術によって鼻腔が広くなりすぎていたり、鼻中隔に穿孔を生じている場合にも鼻の乾燥による痂皮形成と鼻づまり感が持続するケースもあって、容易だと思われている手術にも様々な問題がはらんでおり、万能ではないことも事実です。
 鼻中隔彎曲症矯正手術後の鼻中隔穿孔
右鼻腔よりの視野鼻中隔穿孔、右鼻腔 鼻中隔穿孔、左鼻腔左鼻腔よりの視野

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引