みみ はな のど いびき レーザー手術
笠井耳鼻咽喉科クリニック
自由が丘診療室
KASAI Ears, Nose & Throat CLINIC

笠井耳鼻咽喉科クリニック 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
〒152-0035 東京都 目黒区 自由が丘 1-29-14 J-フロントビル3F
東急東横線&大井町線
自由が丘駅・正面口徒歩1分


耳鼻咽喉科診療案内小児耳鼻咽喉科疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費と保険診療Q&Aレーザー治療と医療費
いびき治療
いびきQ&A扁桃膿栓症レーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波凝固治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引・文献

医療相談はこちらからどうぞ
当サイトの記事、鼻炎・いびき・レーザー手術・ラジオ波治療、当院通院治療中の方のご質問、診療時に聞けなかった事や
十分な説明を受けることが出来ない儘に終わってしまったときの疑問点、クレイム等に関してお答えしています。
なお、休日・休診日や診療時間外等においては即時対応は出来ないことがありますので予めご了承下さい。

笠井耳鼻咽喉科クリニック
Tel.03-5729-4187  Fax.03-5729-4188
電話は窓口事務専用です。受付事務職員が医療相談、診療内容等のお問い合わせに電話でお答えすることは出来ません
当院を受診されていない方の医療相談、診療内容等のお問い合わせ、取材依頼等は
全てメールでお願い致します
FAQ;診療時間やレーザー治療受付時間に関してはこちらで、医療費に関する質問はこちらで、ご確認下さい。
なお、当院の外来診療は予約制ではありませんので、電話やメールでの受診予約は承ることが出来ません。


 笠井耳鼻咽喉科クリニック 2014.8.1 since 2000.1.21


いびき、アレルギー性鼻炎、花粉症、鼻づまり、扁桃肥大などのレーザー手術やラジオ波治療について簡約
いびきのレーザー手術花粉症、アレルギー性鼻炎のレーザー治療扁桃膿栓症扁桃肥大扁桃や下鼻甲介のラジオ波凝固治療に関する医療情報を記載しています。●花粉症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎に対するレーザー治療やいびきの手術には健康保険が適応されます。●いびき、花粉症、アレルギー性鼻炎に対するレーザー手術の適応と保健医療費に関して当サイトに記載しました。●アレルギー性鼻炎、花粉症に対する鼻のレーザー治療や高周波凝固治療は耳鼻科の治療法として治療効果や安全性が定着しています。●薬物治療を中心としたアレルギー性鼻炎の標準的な治療法では鼻アレルギーの症状、特に鼻閉(鼻づまり)の改善が悪い方に手術的治療が適応とされます。●花粉症、アレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎の鼻閉に対する下甲介粘膜のレーザー手術は、高周波電気凝固、ラジオ波凝固、アルゴンプラズマ凝固法等とともに有望な手術的治療法の一つです。●下鼻甲介の肥大による鼻閉(鼻づまり)に対しては、各種レーザー機器や高周波電気を用いたアルゴンプラズマ凝固法などで鼻粘膜表層を減量・変調させ、粘膜下組織はラジオ波凝固法で収縮させる下甲介形成手術が有効です。●鼻づまり、鼻水過多等の鼻炎症状に対して鼻のレーザー手術、高周波電気凝固、ラジオ波凝固治療は外来で安全に実施でき、重大な副作用の無いことが大きなメリットです。
いびきの手術は不可逆的ですから慎重な適応判断が必要で、美容外科感覚で安易に行う手術ではありません。●健康な成人の45%以上の方で「いびきをかく」ことがあり、いびき常習者は25%とも言われています。●つまり、「いびきをかく」といっても全てが病的なものではないということです。●しかし、いびきは社会的にも、医学的にも重大な問題となることがあります。●いびき、睡眠時無呼吸症の方は、まず耳鼻咽喉科や歯科口腔外科で鼻・口・のど・扁桃・口蓋・舌根・上下顎骨・頚部の異常や全身疾患の有無について診断を受ける必要があります。●次に、酷い「いびき」や睡眠中の無呼吸が目立つ方では、いびきが健康上の問題を引き起こしていないかどうかの呼吸器内科的診断も必要となります。●いびきの手術は呼吸抵抗を出来る限り低減し、いびきの震動源を取り除くことが主目的ですが、いびきの原因は単一であることは殆どありませんから、いびきの治療はのどの手術だけで完結するものではありません。
いびきの治療に先立って、いびきの各種予防策をまず実践してください。●睡眠時無呼吸症候群を合併する肥満の方ではダイエットが必須であり、アレルギー性鼻炎・花粉症鼻中隔弯曲症・肥厚性鼻炎慢性副鼻腔炎・蓄膿症・鼻茸アデノイド扁桃肥大慢性扁桃炎など鼻呼吸に障害がある方の鼻やのどの治療、歯科・口腔外科的疾患の矯正治療など、いびきの原因となりうる疾患があれば、その治療が優先します。●多くの方の悩んでおられる「いびき」は軽症型であり、レーザーを用いた「いびき」の外来手術LAUPは、鼾の軽症型から中等症の人に適応があるとされています。●睡眠時無呼吸症の手術的治療としては、入院の上、扁桃摘出も含めた軟口蓋・口蓋垂・咽頭形成手術UPPPが有効な場合もありますが、それでも治癒率は60から80%位であり100%ではありません。●外来日帰り手術として行われる「いびき」のレーザー手術LAUPは、いびきの軽症型から中等症の方に適応されますから、いびきの改善率は高率との報告が多くなるのは当然ですが、いびきが100%消失することではありません。●レーザーを用いる「いびき」の手術は従来のメスと鋏による鼾の手術に比べ出血が殆ど無いことで、安全度の高いものではありますが、全ての医療行為には必ずリスクが伴います。●いびきは睡眠時呼吸障害の一つのサインですが、いびきや睡眠時無呼吸症候群が直接すぐに生命を脅かすものではありませんので、いびきの治療に当たっては安全性が最も重視されるべきです。●レーザーによる「いびき」の手術LAUPは、ノドの形に問題があっていびきが発生しやすい単純いびき症の手術的治療として試みる価値のある一方法であると考えられますが、いびき症の全ての方にお勧めできるものではありません。●現時点で「いびき」の手術の最大の問題点は、手術前後での「いびき」の改善度の客観的で正確な評価が難しいこと、いびき術後の瘢痕収縮による「のど」の変形の程度に関して予測がたて難く、長期成績が不良な場合があることです。
手術的治療の適応でない、重症の睡眠時無呼吸症の内科的治療法としては鼻マスクCPAPを睡眠中に装着する方法が効果的閉塞性睡眠時無呼吸の治療における持続陽圧の効果です。●閉塞性睡眠時無呼吸症の方には、睡眠中に装着する歯科器具によって「いびき」の改善が見られる場合も多く、手術的治療を回避することが出来ます。●いびき、睡眠時無呼吸症の手術的治療に関しては否定的な見解もあります閉塞型睡眠時無呼吸の外科的治療が、いびきの診断や治療は耳鼻咽喉科、呼吸器内科、歯科口腔外科などで対処していただける施設が増えていますから、まず最寄りの病医院でご相談されるとよいでしょう。●貴方の「いびき」は現在の状態で手術的治療が本当に必要か否か、鼻やのどの治療後の「いびき」の改善度などに関して、ご自身だけで判断をせず、ご家族やパートナーの方等と充分にご相談の上、治療方法を考慮してください。●いびきや睡眠時無呼吸は睡眠中にしか発生しませんから、周囲の人の意見も重要ですが、いびきの自己診断として先ず睡眠中の様子をビデオやテープなどで記録し、ご自身でも確認したうえで、かかりつけ医にご相談されるのがよいでしょう。
幼小児の「いびき」は大人とは事情が異なります。子供の「いびき」は気道に何らかの病因があるという証拠ですから、耳鼻科で必ず診察を受けて下さい。小児の鼻閉(鼻づまり)、口呼吸、いびきの原因の大半は小児のアレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎(小児ちくのう症)、扁桃肥大、アデノイド増殖症です。ミミ・ハナ・ノドに問題があれば耳鼻科的治療を受けていただくように指示されるでしょう。
花粉症、アレルギー性鼻炎に対する鼻のレーザー治療や「いびき」のレーザー手術に限らず、免疫療法、内服薬治療、漢方、あるいは民間療法など、全ての疾患に対するあらゆる治療法に関して、それを薦めている施設が報告する改善率は医者と患者の主観が入り込む余地があり得ることから完全に客観的なデータであることは難しく、一般的には良すぎるデータが出ている可能性が大きいと考えた方がよいでしょう。●手術的治療のみならず、どのような治療法を選択するにあたっても、まずかかりつけ医にご相談された上で、疑問が残る場合には、セカンド・オピニオンとして主治医以外の医師の意見を得るようにするのが良いでしょう。
key words アレルギー性鼻炎、花粉症、鼻づまり、いびき、睡眠時無呼吸症候群、レーザー手術、ラジオ波凝固治療