MEN OF PLEASURE


当カフェで優雅なる旦那芸を披露してくれた旦那衆、アネさんがたをご紹介します。
          


NAME LIST

おさる / Monsieur HENO / Madam MINIMA / 

ホンマッチ / KEIJI / TATSUYA / Y.K.シンジ /  

はっちゃん / サッチャン /  ROKO


 おさる

カメラはぼくよりかしこい にこん801で、ねくさすっていう はうじんぐに いれてます。
おせざきに せいそくしているので あいにきてね!


  Monsieur HENO =  榎本 弘之

リゾート視察といっては、潜りに行くフリーの建築家。
遊ぶ施設の設計に意欲を燃やし、60才過ぎたら自分たちでリゾートを作って、南の島で暮らすんだと意気盛ん。
たからもの:JUNON、車、Mac そして仲間たち。作品のページへ


 Madam MINIMA = 榎本 道子

空を飛んでいるような浮遊感がたまらなくて、ダイビングをしています。
南の島の太陽ときれいな海に囲込まれて、アフターダイブのお昼寝が最高!!


  ホンマッチ = 本間伸彦・里也子

夫:写真家。特技、家事全般。陸では巨大イワナを求めて渓流へ向かう。
妻:会社員。趣味、ベランダ園芸。水中ではひたすら気持ち良さを追求。

大田区在住。


 KEIJI = 関根 啓司

埼玉県出身。38歳。ダイビング歴10年。
色の黒さなら天下一品。ネクサス片手に南の島を潜っています。


 TATSUYA = 荒井 達哉

世界の食材とカメラの水没なら、まかせてくれ!?
RS2回、ニコノス2回、DIV2回、水没させた男。
魚と食材を求めて世界の海に繰り出す。逃げ足の遅い魚は、みんな食べちゃうぜ!


Y.K.シンジ

あの気持ちいい浮遊感覚と海が好きでDIVINGを続けています。
旅行も好きなのでいつも一人で海外のいろんな所を潜り旅して回っています。
DIVINGは旅の良いきっかけになりました。


 はっちゃん = 蜂須賀

ダイビング歴10年。
ミノカサゴが好き。南の海でミノカサゴを探していたら、それは私です。


 さっちゃん = 兵頭 佐知子

美しい青い海で、海洋ほ乳類と泳ぐのが一番の楽しみ。

重いダイビング器材を脱ぎ捨て、今はシュノケラーと化しています。


 ROKO

ターボ付きフィンをはき、7つの海を駆けめぐる。しかし、最近は、そのマンタをも追い越すフィンキックにも衰えは隠せず、優雅に泳ぐことに方向転換。
カメラは持つが、写真を撮るために潜るのではなく、最初の海の感動を忘れずにいたいと思う。海だけでなく旅も楽しみたい。


「優雅なる旦那芸としての写真」は三好和義氏が使用なさった言葉ですが、大変気に入っているのでここで使用させて頂ました。