Takahiro Kaji's Web page -> iMac分解手順
last update 2001.6.15
Applescript Download iMac分解手順 システム紹介

iMac分解手順

ここではiMac rev.Bの分解の手順を示しています。
自己責任で改造したい人でミスをしたくない人、不安な人の参考になれば幸いです。

このページを見て作業を行って壊したりしても当方では全く責任はとりません。自己責任で勝手に作業して下さい。また分解など改造を行った場合はメーカーの保証は全く受けられなくなりますので保証期間が残っているものはしない方がいいでしょう。


1 2 3

赤丸部分のネジをプラス
ドライバー
で外します。
外したネジはなくさない
ようにしましょう。

柔らかいものを敷いて
そこにiMacを置きます。

ディスプレイ面を下にiMacの腹を手前にして置きます。

ケースの爪の様子をしっかり見ておいてどのように外すかをイメージします。


4 5

OSTスイッチを付けている人は忘れずに外します。
両面テープで接着されていますのでゆっくりと持ち上げると接着面が離れます。

慌てるとテープが剥がれて使えなくなりますのでのんびり作業して下さい。

持ち手を持って斜め45度方向に引っ張り
上げるとカバーがバカッと外れます。
初めはカバーの周囲の爪をコジッて外れ
やすくしておいた方がいいと思います。
初めて分解する時はかなり固いので
慎重に作業して下さい。

カバーが外れたらあとは難しいことはありません。


6 7 8

赤丸部分のネジをプラスドライバーで外します。

赤丸部分のネジと
コネクタを外します。

この時にケーブルがどのように配線されているかじっくり観察しておきます。

あとで戻す時に重要になります。

本体を外すのにケーブルが邪魔にならないようにして
手順6の部分に指をかけて垂直方向に引っ張ると本体が外れます。

外したネジを誤って本体の中に落とさないよう、気を付けて下さい。


9
本体を外してディスプレイ
だけになった様子。
本体はこのようになっています。

ここまでの作業がハードディスク交換、
メモリ増設の時に行う共通の手順です。

これ以降はハードディスクを外す手順を説明します。


10 11 12

ハードディスクを外す場合
まずCD-ROMを外します。

CD-ROMは爪だけで引っ掛けてありハードディスクの上に乗っけてあるだけです。

CD-ROMドライブを基盤方向に
押して上に持ち上げると爪が外れてCD-ROMドライブが外れます。

ケーブルは基盤側を外した方が
作業しやすいと思います。

ハードディスクが乗っている
マウンターのネジを外し、
針金の金具を外します。金具の方向を覚えておいて下さい。

ハードディスクに手を添えて
本体もろともひっくり返します。
そうすると図のようになります。


13 14
ハードディスクを持って赤丸の爪を外すとハードディスクが外れます。

ハードディスクに付いている
マウンターを外します。

以上で分解作業は終了です。

トロイダルコアからケーブルが外れているのは気のせいです。
そこまでする必要はありません。


なお、組み立ては分解の逆順で行います。

前のお知らせ Download iMac分解手順 システム紹介
kajidon@air.linkclub.or.jp