急性喉頭蓋炎、喉頭蓋膿瘍 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室

 始めは軽い風邪程度の症状であった咽頭痛が急激に悪化して、激しい燕下痛、発熱、燕下障害、呼吸困難が出現して窒息死する危険もある病気です。この病気は殆どが大人に発症します。扁桃やのど(咽頭)の所見は正常なことが多く、耳鼻咽喉科で間接喉頭鏡や内視鏡(喉頭ファイバースコピー)を使って「のど」の奥(喉頭)を診ていただかないと見逃される恐れがあります。
 喉頭蓋は声帯の上側にあって、物を飲み込むときに気管の中に入り込まないように蓋をする構造をしています。そこに細菌感染が起きて喉頭蓋炎を起こしたり膿瘍を形成すると、気道の入り口が塞がれることになって、呼吸が出来なくなります。風邪症状で病院にかかっていて抗生物質や鎮痛剤を内服していても、急性喉頭蓋炎や喉頭蓋膿瘍は出来ることがあり、しかも症状は数時間のうちに急激に悪化して命に関わることもあって、病状の変化には注意が必要です。

喉頭蓋膿瘍  喉頭蓋
治癒後の正常な喉頭所見

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびきの治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引