アレルギー性鼻炎、花粉症の標準的治療法 笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
 鼻アレルギーを起こさない最も確実な方法は原因物質を避けることです。ホコリやダニや化学物質などが原因ならバイオクリーンルームで過ごすこと、スギ花粉症なら花粉の飛散する時期は南の島にでも逃避すること、ですが現実的ではありません。一般的には日常生活で様々な工夫をすることになります。それでもつらい症状が出ている場合には「治療」を考えることになります。治療には保存的治療法と手術的治療法がありますが、どのような薬にしても手術でもアレルギー性鼻炎や花粉症を「治す」ことは出来ません。くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの辛いアレルギー症状を「一時的になくす」あるいは「出来るだけ軽くする」ことによって、普通の日常生活を取り戻すこと、つまり「生活の質」Quolity Of Life を向上させることが治療の目的です。
 
保存的治療法としては内服薬と点鼻薬による薬物療法が一般的です。抗原特異的減感作療法は根治療法ともいえますが、効果発現が遅く確実性に欠けるのが難点です。アレルギー性鼻炎に対して薬を処方するだけの治療なら耳鼻咽喉科に限らず内科、外科、小児科などはもとより全ての診療科で一般的に行われていますし、市販薬や民間療法でもけっこう良い効果が得られる方もあるでしょう。しかし、鼻粘膜の腫脹による酷い鼻づまりに対する治療は耳鼻咽喉科でないと難しいと思います。薬による治療や耳鼻咽喉科的処置を継続しても鼻閉が改善しない方には手術的治療を考慮することになります。(参考:家族の花粉症対策アレルギー性鼻炎と花粉症スギ花粉症、ヒノキ花粉症の薬物治療法花粉症の治療薬について花粉症対策花粉症対策図解アレルギー性鼻炎の治療法とセルフケアスギ花粉症の治療法
 
手術的治療法としては外来で比較的簡単に行える下鼻甲介のレーザー手術高周波電気やラジオ波による下鼻甲介粘膜凝固治療、アルゴンプラズマ凝固法、超音波メスによる下鼻甲介切除術、トリクロール酢酸による化学的粘膜焼灼術などと、一般的には入院を要する鼻中隔湾曲矯正手術、下鼻甲介粘膜下骨切除術、ビディアン神経や後鼻神経切除術など様々な手術方法が症状と程度にあわせて行われます。ただし、手術的治療を行っても何年もしない内に粘膜の再肥厚により鼻づまりが再発したり鼻汁過多が続くことも珍しいことではなく、そのようなケースでは再手術を行ったり、焼灼治療の繰り返しが必要となります。レーザーによる下鼻甲介焼灼手術ラジオ波凝固による下甲介の縮小治療は外来で簡単に行うことが出来るのが最大のメリットです。(参考:アレルギー性鼻炎の発症機序と治療アレルギー性鼻炎の手術治療1-2-3-4鼻アレルギーの外来手術治療1-2-3
炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザー 半導体レーザー 半導体レーザー
ラジオ波凝固治療機器コブレーター ラジオ波凝固治療機器セロン ラジオ波凝固機器(セロンとコブレーター)

軽症〜中等症の場合

病型
くしゃみ・鼻水型 鼻閉、充全型
治療 第2世代抗ヒスタミン薬、遊離抑制薬
Th2サイトカイン阻害薬
抗ロイコトリエン薬
鼻噴霧用ステロイド薬
鼻噴霧用ステロイド薬
抗ロイコトリエン薬
第2世代抗ヒスタミン薬

重症・最重症の場合

病型 くしゃみ・鼻水型 鼻閉、充全型
治療 鼻噴霧用ステロイド薬第2世代抗ヒスタミン薬
抗ロイコトリエン薬経口ステロイド薬
  点鼻用血管収縮薬手術

基礎治療として、抗原除去・回避に努める。原因治療としては特異的免疫療法。
スギ花粉症ではシーズン1,2週間前より治療を開始。眼症状には点眼薬を使用。
症状が改善してもすぐには薬を中止せず、数ヶ月の安定を確かめ、漸減する。
重症の場合、経口ステロイド薬を短期間、局所ステロイドと併用する。
ロイコトリエン拮抗薬、トロンボキサンA2拮抗薬は鼻閉に有効と報告されている。
(鼻アレルギー診療ガイドラインより改変)
ステロイドの筋肉注射はその副作用の面から標準的治療として一般的には勧められていません。

笠井耳鼻咽喉科クリニック・自由が丘診療室
耳鼻咽喉診療案内小児耳鼻咽喉疾患院長紹介診療方針地図案内
医療設備診療時間リンク集
医療費・保険診療Q&Aレーザー治療
いびき治療いびきQ&Aレーザー手術アレルギー性鼻炎・花粉症扁桃膿栓症
ラジオ波治療の適応鼻づまりの原因と治療当サイトについて索引


アレルギー性鼻炎の原因抗原による分類

 鼻アレルギーの分類
期間
原因
通年性鼻アレルギー
一年中
ダニハウスダスト(ほこり)が主
ネコイヌハムスターウサギ等のペットの毛
カビの
アルテルナリアアスペルギルスカンジダ
季節性鼻アレルギー
季節
1〜4月;スギ
4〜5月;
ヒノキ
初夏;
カモガヤを中心としたイネ科植物
晩秋〜秋;
ブタクサヨモギ等のキク科植物:秋の花粉症

 アレルギーを起こす原因抗原(アレルゲン)として最も多いのが、室内の埃(ハウスダスト)やダニです。季節に関係なく一年中アレルギー症状を起こし続け、特に自律神経の関与で起こる「モーニングアタック」と呼ばれる朝方のくしゃみと鼻づまりで苦しむことになります。アレルゲンを吸い込まないためには、室内では掃除、換気を励行することが大切です。カビは浴室、洗面所、台所などの水回り、押入れ、下駄箱、畳などの湿気の多いところに発生しますので、換気に気をつけます。エアコンや加湿器・除湿器もクリーニングが必要です。ペットのアレルギーも近年増えていますので、ひどい症状がある場合には飼育を諦めた方がよいでしょう。
 季節性のあるアレルギー性鼻炎で最も多いアレルゲンは春のスギやヒノキ、夏のカモガヤと秋のブタクサなどで、一般に
花粉症といわれるものです。その中でもスギ花粉症が例年猛威をふるって多くのスギ花粉症患者を苦しめます。「私は花粉症ですが、アレルギー性鼻炎はありません」と不可解なことを仰る方があるのですが、花粉症もアレルギー性鼻炎の「ひとつ」です。花粉症の方は、その飛散時期の外出時にマスクと眼鏡を装着するなど、花粉の吸入を避ける工夫をします。原因が何であれ、アレルギー性鼻炎の方は鼻が過敏であり、原因物質に接することが無くても、常に鼻アレルギー症状を出しやすくなっています。
 原因抗原を血液検査などでいくら検査しても原因が特定出来ないケースもあります。
血管運動性鼻炎と呼ばれ、温度変化に過敏な状態で、特に季節の変わり目にくしゃみ、鼻水、鼻詰まりを起こします。長年経過を見ているうちに、原因物質が判明するケースもあります。アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎のいずれにしても、鼻過敏症といえる病態であり、治療法は特に変わることはありません。 参考:アレルギー性鼻炎の診断

アレルギー性鼻炎の治療薬 (参考:花粉症の薬
 飲んですぐに効果が発現し、持続して症状が完全に無くなり、副作用の心配が全く無い、その上に安価であるというのが薬の理想ですが、現実には完璧な薬は存在しません。どのくらい自覚症状の改善という要求を満たすことが出来、しかも眠気やだるさの副作用が発現しないでという観点から、以下の薬の中で選択することになります。薬は全ての人に同じ効果をもたらすことはありません。また、個々人でも体調や暴露される抗原の量などによって薬の効き方は時々刻々に変わって行きますから、ずっと同一の薬で維持できることはなく、症状により適宜薬の変更が必要になります。
アレルギー性鼻炎に適応のある主な経口の抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬
●ザイザル、アレロック、アレグラ、ディレグラ、クラリチン、ジルテック、エバステル、アレジオン、タリオン、セルテクト、ザジテン、アゼプチン、ダレン、レミカット、アレギサール、ペミラストン、リザベン、バイナス、アイピーディ、オノン、ゼスラン、メキタジン、ニポラジン、ペリアクチン、タベジール、ポララミン、セレスタミン、など
 参考:抗アレルギー薬とレーザー治療の効果
アレルギー性鼻炎に適応のある抗アレルギー点鼻薬、ステロイド点鼻薬、抗コリン点鼻薬
●インタール点鼻液、ソルファ点鼻液、ザジテン点鼻液、リボスチン点鼻液、等
●アラミスト点鼻液、アルデシンAQ点鼻液、フルナーゼ点鼻液、シナクリン点鼻液、リノコート点鼻薬、ナゾネックス点鼻液、エリザス点鼻薬、等のステロイド外用薬
●フルブロン、アトロベント、等の抗コリン作用薬は点鼻用としては販売中止となっている
鼻アレルギーに用いられる漢方
●小青竜湯、葛根湯加川
弓辛夷、麦門冬湯、麻黄附子細辛湯、柴胡桂枝湯、など
血管収縮性点鼻薬
●プリビナ、コールタイジン、ナーベル、ナシビン、トーク、ABCスプレー、など

抗原特異的・アレルゲン免疫療法
●シダトレン(スギ舌下免疫療法薬)スギ花粉症におけるアレルゲン免疫療法の手引き
※2014年10月より、 スギ花粉症に対する減感作療法薬(アレルゲン免疫療法薬)「シダトレン」が発売開始になった。従来の皮下注射による減感作療法に比べて注射による痛みが無く、患者が自宅で治療できるのが特徴。12歳以上の小児と成人が対象で、使用にはスギ花粉症の確定診断が必要となる。1〜2週間の増量来、3週間目以降の維持期で異なる濃度のシダトレン液を1日1回、舌下に滴下する。そのまま2分間保持し、飲み込んでから5分間はうがいや飲食を控えなければならない。治療には3〜5年かかり、全ての患者に効果が期待できるわけではない。(アレルゲン免疫療法ナビシダトレンを服用される患者さんへ

アシテアミティキュア(ダニ舌下免疫療法薬)「ダニ抗原によるアレルギー性鼻炎に対する減感作療法」
※2015年末、2種の室内塵ダニ(ヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニ)から抽出したダニエキス原末のアレルゲン免疫療法内服製剤(アシテアダニ舌下錠、ミティキュアダニ舌下錠)が発売された。適応は12歳以上となっている

薬の種類と効果に関して
内服薬のうち、抗ヒスタミン薬は第一世代の古いタイプのものでは効果は数分で発現しますが、眠気の少ない新しい第二世代のものはもう少し時間がかかることが多いようです。化学伝達物質遊離抑制薬やロイコトリエン受容体拮抗薬、トロンボキサンA2受容体拮抗薬、TH2サイトカイン阻害剤などは効果発現までに1〜2週間を要します。血管収縮性点鼻薬は数分で効果が出ますが、持続時間はせいぜい数時間です。ステロイド点鼻薬は効果が十分に出るまでに数日かかりますが、持続効果があります。色々な種類の薬を個々人の症状程度や病脳期間に合わせて選択するのがよいでしょう。


アレルギー性鼻炎の重症度の目安

  種類
程度 
くしゃみ
一日の回数
鼻水
鼻をかむ回数
  鼻閉
鼻詰まりの程度
最重症
21 回以上
21 回以上
一日中完全に詰まっている
重症
20〜11回
20〜11回
鼻閉が非常に強く、一日のうちかなりの時間が口呼吸となる
中等症
10〜 6回
10〜 6回
鼻閉が強く、口呼吸が一日のうち時々ある
軽症
5〜 1回
5〜 1回
口呼吸は全くないが、鼻閉がある
無症状
0 回
0 回
なし

日常生活の支障度
 
最重症:全く仕事が出来ない 重症:仕事が手に付かないほど苦しい 軽症:仕事にあまり差し支えない
 血液検査で原因抗原の検索と抗体がどのくらいの量あるかを調べる方法も簡単に出来て、ある程度重症度の目安になります。しかし一番の目安となるのはご自身の自覚症状と日常生活への支障度です。鼻粘膜が腫脹して完全に鼻が詰まっている状態でも、慣れてしまって平気で過ごされている方がある反面、ほんのわずかな症状でも普段は何ともないような方では非常に苦しく感じられて夜も眠れないとおっしゃる方もあります。また、人前に出る必要のある職業の方にとっては、少しの症状でさえも社会生活を送る上で大変困る場合もあり、症状と治療の必要性に関しては個人差のとても大きいものです。
アレルギー性鼻炎の治療法の選択
 治療法は重症度と病型の組み合わせで選択しますが、症状をどの程度につらく感じるかは非常に個人差が大きいもので、治療法の選択は画一的なものではありません。また、どの方法でなくてはいけないとか、どの方法が最もよいと言うことでも無く、患者さんご自身の希望や生活習慣などに合わせて行うことになります。全ての治療法に利点と欠点があり、主作用と副作用が伴い、治療効果には限界がありますから、万人に一律に適応できる治療方法は存在しません。

参考:小児のアレルギー性鼻炎家庭でのケアについて
    日本アレルギー協会アレルギー性鼻炎ガイド食物アレルギーの診療の手引き2011